--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2017
08.26

トーマス教会 (ドイツ・ライプツィヒ)

Category: キリスト教
5890.jpg

今年はルターの宗教改革500年記念の年。ルターと、そしてバッハにもゆかりのあるこの地に来ることができてとても感慨深く、バッハが晩年に長く音楽監督を務めていたトーマス教会で礼拝捧げることができて感謝が溢れました。

バッハは生まれた時からルターの讃美歌や教えの中で育っていたけれど、生まれながらに信仰を持っていた人などいなくて、バッハも、自分の信仰が自動的に、当たり前にあるものでなく、神と出会い、自分が与えられている良きもの、音楽をもって神に仕える一生を歩んだ人でした。同じ時代を生きる人との出会いも特別なもので、バッハにとってはブクステフーデという音楽家(1637頃ー1707)が、信仰的にも、音楽的にも転機となる大きな出会いだったのだと思う。

楽譜の初めにはJ.J(イエスよ、救い給え)と書き記し、曲の終わりにはS.D.G(ただ神に栄光あれ)と記したバッハ。自分の力でなく、神に助けを求めて音楽を紡ぎ始め、ただ神に栄光を捧げることを心に刻んで音楽を閉じる。
毎日の営みがこんな風に生きられたら、と思います。。。

バッハはこのライプツィヒで晩年を過ごし、トーマス教会の音楽監督として、芸術的に、かつ共同体にも共感する賛美と礼拝を目指しました。でも政治と権力のうずの中で、葛藤しながら、自分自身がどう歩むべきなのか、聖書を熱心に読み返し、神様からの答えを求めていきます。バッハが用いた聖書にはいっぱいの書き込みがしてあります。

バッハは一生で1000曲以上の作品を生み出した超職人タイプの音楽家でしたが(依頼人の必要に応えるように仕事をするタイプで、ちなみにベートーヴェンは138曲で自分の思うように力を注いで作曲していったタイプ)、最晩年に作曲したフーガの技法やロ短調ミサは、依頼を受けたからでなく、バッハは、自分の求めとして作曲している。特にロ短調ミサは、ルター派の礼拝のためというわけでもなく、カトリック典礼音楽から受け継いでいる信仰の音楽を取り入れる部分もあり、「見えざる教会(普遍的教会)」イエスキリストに繋がる一つの教会を見て、バッハが神に喜ばれる捧げる賛美と礼拝を求め続けた作品なのだと思う。

4160.jpg

そんなことを考えながら、トーマス教会での賛美礼拝を備えていきました。このことは私にとって大きな学びとなり、大きな恵みとなりました。また、夫の伸之さんがルターが説教した講壇に立ちメッセージを語り、バッハが仕えたところで賛美の奉仕をさせて頂けたことは大切な経験となりました。神様、ありがとう。
(そして、ミュンヘンの日本語教会の方達、その他にも多くの方が沢山の備えをして下さいました、感謝します。)

トーマス1

これも主が与えて下さったひとつの経験。
扉が開くとそこにひとつの部屋がある、その部屋での宿題が終わると、次の扉が見えてくる。扉が開くまでは次の部屋が見えないから、予測できない。でも、開いたら、必ず次のステージが待っている。この時代に与えられている出会いを大切にして、一歩、一歩、ていねいに歩こう。

5882.jpg

スポンサーサイト
Comment:0  Trackback:0
2013
11.23

季節の変わり目

Category: キリスト教
1.jpg 

そのようにして神はお造りになったすべてのものをご覧になった。
見よ。それは非常によかった。
こうして夕があり、朝があった。第六日。
(創世記1章31節)

Then God saw everything that He had made,
and indeed it was very good.
So the evening and the morning were the sixth day.
(Genesis 1:31)


聖書のはじめ、創世記には神が天地を創造されたことが書かれている。
闇が大水の上にあり、水の上に神の霊が動いていた。
『光あれ!』という“神のことば”によって光があった。
光と闇、植物、動物が作られた後、6日目に神は人にご自身の息(霊)を吹き込まれ、
人を神の形に似せて造られ、男と女に造られ、祝福された。
7日目を聖なる日としてとりわけ、休まれた。

エデンの園と呼ばれるこの地では、動物と人間が仲良く暮らし、植物も実もたわわに実り、
善悪の知識の木を除くすべての木からとって食べてよいと糧も与えられていた。
美しく、豊かさに満ちているところ。
神が『それは非常によかった。』といわれた姿。
神の霊に満ちた一番スピリチュアルな世界。

はじめの人間、アダムとエバが神との約束を破り、
園の中央にある善悪の知識の木の実を食べたことにより罪が入り、人は死ぬようになった。
今、罪の性質を持ちながら生きて、死んで行く私達がいる。

人は神の息を吹き込まれてつくられたのだから、
私達は誰だって皆、霊を求めて、霊的なものに乾きをもって生きている。

自分の本来の姿、神がよし!として下さった私の姿、私達の姿はどんな姿なのだろう。
神がよし!とされたこの世の姿はどんな世界だったのだろう。
神の造られた世界・姿に思いを馳せる。神のかたちに思いを馳せる。

私達は豊かな感性が与えられていて、たくさんの喜びや愉しみを知っている。
神様はそのことを、ともに喜んでくださっている。

しかし、罪の性質ゆえに、失っているものも多い。
傷ついている個人。家族。人間関係。共同体。国。動物や植物も、人間との関係も、傷ついている。
海も川も、空も・・・環境も人間が壊してしまっているのだから。
途方にくれそうになる。いつか、回復されるのだろうか、と。

その回復は、まず個人が、天から降りてこられた神の子、
いのちの源であるイエス・キリストに結びあわされること、
生きているキリストに出会うことに始まると私は信じている。
イエス・キリストと出会い続けるなら、人は新しく変わり続ける。

闇の中を歩き、迷い、間違うことも、失敗もある。
死の陰の谷を歩く時も、主はともにいてくれると聖書に書いてある。
主イエスのもとに戻って悔い改め、方向を改め再び歩き始る。
主の憐れみによって、それらのことが益と変えられ、御霊によって、実を結ぶようになる。
回復の実を結ぶようになるだろう。

それは個人を癒し、友人関係、家族、共同体に、
国へ、世界へ、地球へ流れる泉となってゆくことを信じる。
世の光、地の塩、周りに影響を与えるものとなれるように。

秋の欧州牧師研修会では、牧田吉和牧師が『真の霊性』というテーマで語って下さり、
私には『神が創造された世界、姿、神のかたち』のことばと映像が心に残りました。

そして思い起こされてきたのは、夏に休暇として日本滞在した時に、
私達のホーム教会(シオンの群れ中野教会)の吉川直美牧師が、
同じ聖書箇所(下記)から、『神のかたちへの回復』を語ってくださったことでした。
私はそのメッセージを心に深く留めて2か月の夏休暇を過ごし、今までの10年間を振り返り、
自分の失われきた部分と、与えられきた恵みを思い出しつつ、
これからの10年間の自分の在り方を求めていました。

去年は吉川牧師が牧師研修会にて『霊性』について語って下さり、
今年は牧田牧師から、2年続けて、私は繋がりのある何か豊かなものを心に預かることができ、
今、私の人生の季節が一つ変わりました。

両師に心から感謝します。

創世記1章24節~31節
ついで神は、「地は、その種類にしたがって、生き物、家畜や
はうもの、その種類にしたがって野の獣を生ぜよ。」と仰せられた。
するとそのようになった。
神は、その種類にしたがって野の獣、その種類にしたがって家畜、
その種類にしたがって地のすべてのはうものを造られた。
神は見て、それをよしとされた。
そして神は、
「われわれに似るように、われわれのかたちに、人を造ろう。
そして彼らに、海の魚、空の鳥、家畜、地のすべてのもの、
地をはうすべてのものを支配させよう。」と仰せられた。
神はこのように、人をご自身のかたちに創造された。
神のかたちに彼を創造し、男と女とに彼らを創造された。
神はまた、彼らを祝福し、このように神は彼らに仰せられた。
「生めよ。ふえよ。地を満たせ。地を従えよ。
海の魚、空の鳥、地をはうすべての生き物を支配せよ。」
ついで神は仰せられた。
「見よ。わたしは、全地の上にあって、種を持つすべての草と、
種を持って実を結ぶすべての木をあなたがたに与えた。
それがあなたがたの食物となる。
また、地のすべての獣、空のすべての鳥、地をはうすべてのもので、
いのちの息のあるもののために、食物として、
すべての緑の草を与える。」すると、そのようになった。
そのようにして神はお造りになったすべてのものをご覧になった。
見よ。それは非常によかった。
こうして夕があり、朝があった。第六日。

Then God said,
"Let the earth bring forth the living creature according to its kind:
cattle and creeping thing and beast of the earth,
each according to its kind"; and it was so.
And God made the beast of the earth according to its kind,
cattle according to its kind,
and everything that creeps on the earth according to its kind.
And God saw that it was good.
Then God said,
"Let Us make man in Our image, according to Our likeness;
let them have dominion over the fish of the sea,
over the birds of the air, and over the cattle,
over all the earth and over every creeping thing
that creeps on the earth."
So God created man in His own image;
in the image of God He created him;
male and female He created them.
Then God blessed them, and God said to them,
"Be fruitful and multiply; fill the earth and subdue it;
have dominion over the fish of the sea,
over the birds of the air,
and over every living thing that moves on the earth."
And God said,
"See, I have given you every herb that yields seed
which is on the face of all the earth,
and every tree whose fruit yields seed;
to you it shall be for food.
"Also, to every beast of the earth, to every bird of the air,
and to everything that creeps on the earth,
in which there is life,
I have given every green herb for food"; and it was so.
Then God saw everything that He had made,
and indeed it was very good.
So the evening and the morning were the sixth day.

3.jpg
Comment:0  Trackback:0
2012
02.12

日本語礼拝 Il culto in giapponese

Category: キリスト教






ミラノ賛美教会の第2日曜日は、毎月、日本語礼拝です。



私達の教会は韓国人の皆さんと一緒に礼拝を捧げています。

他の日曜日は基本的に韓国語礼拝で、日本語とイタリア語に

同時通訳されているのです。



韓国人の皆さんの熱~い祈り、賛美、愛!に

私達はどれほど励まされてきたことでしょう。



ミラノ賛美教会の〈ひとこまひとこま〉を今日はご紹介いたします。







こちらは、礼拝前の≪聖歌隊≫(練習中)

イタリアで専門的に歌を学んでいる方が多く、

ソリストの力量を持つ方々です。

熱心に礼拝賛美のために練習を重ねています。







こちらは、礼拝の始まりにワーシップをリードする≪賛美隊≫

会衆の心が神様を見上げ、神様を賛美していくために、

大切な役割を担っています。

彼らも、いつも練習を重ね、日本語の賛美もリードして下さっています。







≪礼拝中の聖歌隊賛美≫

まるで天上の天使たちの賛美のように、美しく、

聴いていると慰めと恵みに、こころ満たされていきます。







≪特別賛美≫

この日は、ヴィチェンツァから通ってこられる

素敵な若い歌い手さんご夫婦が賛美してくださいました。







≪内村牧師によるメッセージ≫

横に一緒にいて下さるTさんによって、韓国語へ通訳されていきます。

この御言葉の取り次ぎは、二人の共同作業です。



この日は、使徒の働き:9章31節より 

「教会における励ましの役割」が語られました。



「慰めの子」というあだ名の使徒バルナバに目を留めて、

そんな人へと変えられてゆくことを願わされました。



そんな人・・・の特徴5つというのは

①寛大な心を持つ人

②自ら進んで人と人を繋げ、新たな人を仲間にいれていく役割をする人。

③肯定的、人の良い所を見る人

④人の成功を喜ぶ人

(本人は、人に役割を与え次第に目立たなくなっていく)

⑤人の弱さをあきらめない人。







そして≪第2の特別賛美≫

聖歌隊のときは、天使のように清らかな声の歌い手たち。

特別賛美の場に、ひとりで立たれるときは、

皆、ご自身の信仰告白をされるように

主への思いを切々と歌いあげます。



私達の教会は、賛美教会という名前のとおり、

賛美溢れる教会です。



皆で一緒に祈り、御言葉を聞き、賛美する。

シンプルな礼拝です。

毎週日曜日がコンサートみたい・・・な礼拝でもあります。

普通のコンサートとちがうのは、

全ての音楽が神様を指し示し、

神様にむかって捧げられているところです。







この日の礼拝後には・・・・

≪パイ・ビュッフェ≫が催されました!

日本語グループの皆さん、それぞれが準備されたお好みパイ。

見た目も美しく、美味しく・・・

礼拝後のおしゃべりもはずみ楽しい時でもありました。



次回の日本語礼拝は3月11日です。



去年の震災から、ちょうど1年が経ちます。

被災地の痛みを覚えて、その癒しと回復を願い、

困難のときにも、希望を与えて下さる神様を信じ、

集われる方達と共に祈り、礼拝を捧げる時としたいと願っています。



どうぞ、どなたもおいでください!!



ミラノ賛美教会

http://www.mission-i.net/









続きを読む
Comment:0  Trackback:0
2011
12.25

真夜中のミサ La Messa della Notte di Natale

Category: キリスト教




イタリアのカトリック教会では、

イエス・キリストが誕生された聖なる夜を記念し、

24日から25日への真夜中にミサが行われます。



イエス・キリストは家畜小屋の飼い葉おけのなかに生まれました。

教会には、祭壇の上に空の飼い葉おけがおかれていて

司祭入場のときに、白い衣をきた子供によって、

赤ん坊のイエス・キリストが運ばれてくるのです。







このS.il defonso(サン・イルデフォンソ)教会は、

2001年、私がオルガンを弾き始めたころに不思議な導きで出会い、

それ以来、オルガン奉仕をさせていただいている教会です。



年を経るにつれて、私自身の優先順位、環境や様々な変化のなか

サン・イルデフォンソ教会に弾きにくることが、

かなり減ってきたのにもかかわらず

それを、ちゃんと理解して受け入れてくださり、

イエス・キリストを主とする信仰を共にもって、

オルガン奉仕をさせていただけることが感謝です。



聖歌隊があり、週に2回練習を続けていて、

よき指導者も与えられどんどん上手になっています。

そしてレパートリーも深められて

古い音楽もとりいれられるようになりました。

以下は、真夜中のミサで歌われたものです。







Puer Natus in Bethlehem

(みどりごはベツレヘムに生まれました)

Grazie al Signore e a tutti !

Auguri!!


続きを読む
Comment:0  Trackback:0
2011
12.24

ミラノのクリスマス日本語礼拝 Il culto natalizio della comunita' giapponese a Milano

Category: キリスト教




クリスマスキャロルで、イエス・キリストの誕生を綴りながら

クリスマスの礼拝を捧げています。



古い時代から残されているクリスマス・キャロル



その歌詞は、まさにキリスト誕生の予言から、

その予言であるキリストの誕生を待ちわびていた羊飼いのこと

天使が羊飼いに現れ光の中でキリストの誕生を賛美したこと

羊飼いが家畜小屋で、うまれたばかりのキリストを見つけたこと

星に導びかれ、東方からやってきた

三人の博士がキリストを拝みにきたこと



クリスマスの歴史は昔から歌い継がれてきました。



牧師のメッセージは≪星に導かれて≫。

3人の博士が星に導かれ、赤ん坊のキリストを礼拝しにやってきました。

このクリスマス、来て下さった方々も、

星に導かれるように、集ってこられたおひとりおひとり。

ほんものの光であるキリストを見つけ、受け入れ

礼拝捧げます。







キャンドルの光は、ろうを燃やして、

自分の身をけずって光りと温かさを与えてくれます。

キャンドルの光は、自らのいのちを削って、

私達にいのちを与えてくださった

キリストの姿と重なります。



このクリスマス礼拝でも

きよしこの夜を歌いながら、キャンドルサービスをして

光が広がってゆきました。







今年のクリスマス日本語礼拝では

子供たちが来てくれました!!!!

備えられていた子供のためのお話しが語られ

≪お星がひかるピカピカ≫の讃美歌を

みんなで踊りながら歌いました。



すごく、かわいくて、神様の祝福が溢れます。

2012年には、子供達、また家族が増やされるかな。(期待♡)







その後は、牧師館へ移動して、みんなでお喋りしながら

お腹いっぱいに食べて、幸せになりました。





続きを読む
Comment:0  Trackback:0
back-to-top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。