--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2016
10.01

コビが教えてくれたこと

Category: 暮らし
maricobi.jpg

これは、今夏、帰国した時に最後にコビと一緒に撮った写真。
最終日に夫の実家から成田空港へ向かおうとバタバタして玄関を出ようとした時のこと、
「ニャオウー!!」と、奥の部屋から大きな声で呼び止められた。
「まちなさーい、こっち戻りなさいー!!あいさつはー??」って言われてるみたいだった。

「あっ!ごめん。コビ」 すぐにコビのところへ戻り、
「そうだよね、ごめんね。ありがとうね。」と言って撫でて
「一緒に写真撮ろうか」と数枚の写真を撮った。

コビを置いてイタリアに行ってから、こんな風に呼び止められたことはなかったから、
なんだか心に残って、もしかして、最後の挨拶になるかもしれないな、と思っていた。
コビはわかっていたのかな。

約20年前、
コビは私達が結婚して間もない頃、我が家に通う野良猫だった。
本当に人なつこくて、だから、一目見て「コビ」と名付けた。
ある日、我が家に泊まりその夜に子猫を4匹産んだコビ。その日からコビを飼いはじめた。

コビと一緒に過ごした時間。
私がイタリアに行ってから、コビが伸之さんと過ごし支えてくれた時間。
私達夫婦がイタリアに行ってから、夫の実家がコビを受け入れてくれた。
日本に帰国してコビに会いに行くと、それでも、膝に乗ってゴロゴロしてくれたコビ。
ある時から耳が聞こえなくなった。
夫の実家、夫の姉ファミリーに愛されて、共に過ごした時間。
私達の人生をそばでずっと見ていたコビ。
伸之さんの日本滞在を待つように、選ぶように、最後のときを迎えました。

いのちは本当に尊くて、コビが最後まで生きようとしていた力に感動した。
力のもとは、やっぱり、愛だね、愛。コビ。

結婚して間もない私達のところに来てくれたのに、色々な選択の中、
その時はもうそうするしかないとコビを置いてきたことに申し訳ない気持ちと、
コビを受け入れて、愛してくれた夫の実家に感謝する気持ちと、
家族にはコビの最後を見るつらさと悲しさ、これからの寂しさを味あわせてしまう申し訳なさと、
自分が担うべきだったことを負わなかった自分を責める気持ちと、
それを覆うようにコビを包み愛してくれた家族への感謝。

「可愛い猫だったね。いつも、私にご飯ねだりに来てね、うん、飼えてよかった。」

声をつまらせながら、そう言ってくれた夫の母は優しい。
色々な思いが交錯する中、自分の弱さと罪深さをも、
今、過去をも思い出しながら、心探られているよ。

コビは皆にあたたかなものを残してくれた。

「あなたに与えられている人、委ねられているものを大切にしなさい。
夫、家族、あなたに与えられている繋がりを、ひとつひとつ大切にしなさい。
放っちゃいけないよ。ちゃんと愛して生きなさい。」

最後にコビ先生が私に教えてくれたことです。
ありがとう、コビ。


スポンサーサイト
Comment:0  Trackback:0
2013
09.06

2013 日本の夏

Category: 暮らし
>



2か月の日本滞在でした。

母国、日本を発つときは、

いつも言葉にならない思いに胸をつまらせます。



夫の健康チェック・療養が今回の帰国へのきっかけとなり

夫婦で教会の働きを始めて

ちょうど10年となるこの年に頂いた大きな休暇でした。

たくさんの方々のお祈りと愛をもって、

この期間も守られ、支えられました。

本当にありがとうございます。



『結び直すこと』



私にとって、今回のテーマとなりました。

このことに取り掛かるには、すこし勇気が必要でした。

この10年、もしくはもっと長い期間のうちに、

切ってしまった、切れてしまった関係の結び直し。



時間を遡り、幼いころの自分から若かりし日々、

それなりに経験を重ねたように思える時期、

自分を見つめてみると、出てくるでてくる、

自分のしでかした失礼なこと、

思い出したくないような恥ずかしいことが、

たくさん、たくさん、、、。



蓋を閉めてしまっていた自分との結び直し。

夫婦の結び直し。

家族との結び直し。

友人との結び直し。

お世話になった方たち、

一緒に時を共有した人たち、一緒に音楽を奏でた人たち、

教会に導いてくれた人たちとの結び直し。

神様との関係の結び直し。



今まで生きてきた中で、

たくさんの出会いが与えられてきたんだなぁ・・・

ということを思い起こし、

自分の狭さや冷たさ、浅さや愚かさで

その恵みを無駄にしてはいけないのだ、

無かった事にしてはならないのだ、

ということを心に刻みました。



たくさんの再会がありました。新たな出会いもありました。

それは、とても愛しく尊く、感謝な時でした。



『結び直すこと』

ついつい自ら作ってしまう壁、

自分を守ろうとする自分の弱さと戦いつつ、

私の中で、ようやく取り掛かりはじめたこと。

私の苦手なこと。

でも、これから続けること。



『再び結びつける、結び直す』ことを

ラテン語で〈Religio〉 と言い、イタリア語では〈Religione〉、

英語では〈Religion〉、

そして日本語では、〈宗教〉と訳されたのだそう。



なにをもって、私は、結び直すことができるのか。

何に信頼して、何を通して、取り掛かれるのだろう。



心に働きかけ、促されるお方、神の御霊(聖霊)に気づかされ

イエス・キリストを通して、父なる神に願い、

すこしばかりの勇気をもって臨むときに

離れていた関係・傷ついていた関係の回復と癒しが、

時を超えても始まってゆき、

その再び結び始められたものは、

この先、益として変えられ始めてゆく。



そんなふうに私は信じて、

神様と、今までに出会った皆さんと

『結び直すこと』を続けていきたいな。



まだまだ、取り掛かり始めたばかり。

こんな者ですが、どうぞよろしくお願いします。





続きを読む
Comment:0  Trackback:0
2012
04.25

たんぽぽ Il tarassaco

Category: 暮らし




公園でタンポポの綿毛を発見。



今日はわたしも、タンポポの分布のお手伝いをしました♪



前にもブログで紹介したことがあったけれど、

イタリア人オーボエ吹きのお友達から教えてもらった

日本の詩をご紹介。



≪たんぽぽ≫ 



たんぽぽが

たくさん とんで いく

ひとつ ひとつ

みんな 名まえが あるんだ



おーい たぽんぽ

おーい ぽぽんた

おーい ぽんたぽ

おーい ぽたぽん

川に おちるな



~かわさき ひろし~



たんぽぽの綿毛、ひとつひとつに名前をつけるところ、

最後の『川におちるな』っていうところ、

愛情がこめられているなぁ、と思います。



この詩、大好きです。





続きを読む
Comment:0  Trackback:0
2012
04.25

休日 Un giorno di riposo

Category: 暮らし




今日、イタリアは休日。



『イタリア解放記念日』という日で、1945年、第二次世界大戦で

ドイツ軍に占領されていたイタリア北部の主要都市が

解放されたことを記念する日なのだそうです。



ゆったりめの一日を過ごしたく、夫とはんちゃんとまずは公園へ。



今日はファミリーでバーベキューをしたり、お散歩に来る方達を

たくさん見かけました。



遠くに見えるファミリー。



小さな女の子がお父さんに自転車の乗り方を教えてもらっているところに

遭遇しました。



女の子はなかなかうまく乗れなくて、くやしくて、悲しくて

ちょっぴり癇癪をおこしてしまっているようでした。



お父さんが後ろから、自転車を押し、背中を支えて、

女の子が自転車のペダルをこぎ始め、、、、

いきおいに乗ったところで、ふっと背中を離すお父さんの手。



この瞬間に『怖い』と思ってしまうと、

自転車のバランスが崩れて、転んでしまうんですよね。



ある時、気が付かないうちに、お父さんの手が離れていて

ふわーっと自分で自転車をこいでいるのです。



そして、転んで倒れたなら、起こしてくれて

見守っていてくれるお父さんの存在。



こんな姿を見ながら

幼いころの自分を思い出して父を思ったり。



私が何かを教えてもらってきたとき。

いま、私が誰かに何かを教えるとき。



そんなことについて、ぼーっと考えながら

一日をすごしています。



それに、そうだ。

ここのところ、いそがしくて

実家の父母に連絡もできてなかったなぁ。

電話でもしようっと。





続きを読む
Comment:0  Trackback:0
2012
04.06

ハンナ、クレモナへ行く HANNAH va a Cremona

Category: 暮らし




ハンナに連れられて、、、(?)

いえ、ハンナを連れてクレモナへ行ってきました。



クレモナは、ハンナがお世話になったMさんが住んでいるところ。

ハンナにとって、特別な思い出があるのか、、、(?)

クレモナに近づくつれて、ハンナも興奮気味。



車を降りて、Mさんとの待ち合わせ場所Duomo前広場へ。



以下、Mさんとのご対面シーン・・・







Mさんを見つけるなり、駆け寄り・・・

ハンナ:チュ♡







M:ハンナー。よく来たね~!







M:ハンちゃんに会うの、ひさしぶりだ~!

ハンナ:エヘ エヘ♡







M:はんちゃ~ん。会えてうれしいよ~。

ハンナ:♡♡♡







M:チュ♡







ハンナ:わーい!!!!ハグ♡

(火がついてしまったハンナ)







ハンナ:Mさーん、 Mさーん、 Mさーん!!!!

(勢いよく飛びつくハンナ)

M:おっとっと・・・ちょ・・・ちょっとまって・・・

  (勢いあまって突き飛ばされるM)







ハンナ:Mさーん!すき~~~!!!!

M:あ、あ、あたしもだけど、

は、はんちゃん、なかなか情熱的だね~・・・(笑)



ハンナの熱烈アタックに、やや押され気味なM。



再会の喜びもひとしお・・・

さて、やや落ち着いてから、ぼちぼち歩き、ジェラート屋さんへ。







Mさんお薦めのGROMです。

本日のチョイスは塩キャラメル味と

シチリア風カッサータ(リコッタチーズとはちみつ)味







M:Nさん、美味しいでしょう?イタリアのジェラート?

N:うん!おいしぃ~♡

ハンナ:・・・・・。







ドイツから来たお友達とともに記念写真。

ハンナ:いいなぁ・・・・わたしもたべたい・・・







ここはクレモナ。ヴァイオリンの街。



ナチュラルな木目のようなMさん。

ハンナ共々、ファミリーでまたクレモナにも遊びにきます。











続きを読む
Comment:0  Trackback:0
back-to-top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。