--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2016
09.01

待ち望むこと

Category: 信仰
2016 9月

8月31日、今日で夏が終わります。
「御国を待ち望む」ということについて思い巡らし、痛みと希望を持ちつつ過ごす夏でした。

「御国」とは、何なのでしょうか。

毎日のように、心を痛ませるニュースが飛び込んできます。
今、世界はテロ、難民問題、金融危機、人と人、国と国、民族と民族が敵対する傾向がみられ、病に悩ませられ、また自然世界においても、地震、台風、竜巻、温暖化、私が知る範囲を見ても、世の中は悪い時代に向かっているように思えて、そのことに目を留める時に、心が痛み暗くなります。

将来、この世界はどうなっていくのでしょう。
クリスチャンは、この先の望みを持って、待っています。「神の国(御国)」がやって来ることを待っています。聖書にはやがて「神の国」が来ることが書かれています。どんなところなのでしょうか。

「狼は子羊とともに宿り、ひょうは子やぎとともに伏し、子牛、若獅子、肥えた家畜が共にいて、小さい子どもがこれを追っていく。雌牛と球磨とは共に草をはみ、その子らは共に伏し、獅子も牛のようにわらを食う。乳飲み子はコブラの穴の上で戯れ、乳離れした子はまむしの子に手を伸べる。わたしの聖なる山のどこにおいても、これらは害を加えず、そこなわない。主を知ることが、海をおおう水のように、地を満たすからである。その日、エッサイの根は、国々の民の旗として立ち、国々は彼を求め、彼のいこう所は栄光に輝く(イザヤ11:6-10)」

私は上の聖書箇所が大好きです。読むたびにその光景を想像し、思いを馳せ、その望みに心が引き上げられる思いになります。イタリアに来て、初めてミサでオルガンを弾くように導いてくれたドン・マルコ(故)という神父さんも、この聖句こそがクリスチャンが目指す、理想としているものだよ、と言っていました。今、ようやく、そのことが見えるようになり、やがて本当にその時が来ることを理解できるようになりました。

この「神の国」に入る鍵が、私達の罪のために十字架で死なれて復活されたイエスキリストであり、この国を治める方です。イエスキリストが再びこの地に来られる、と聖書に書かれていて、その時に、痛んでいる地が回復して、悲しみも涙もない世界がやってくると聖書に書かれています。

明日は9月1日。欧州では新しい年度が始まります。この世の事象に目を向けつつ、御国を待ち望み祈りつつ、でも、ただ待っているのではなくて、日々すべきことを判断して、毎日の営みを丁寧にしながら歩んでいきたいと思います。新年度のスタート!




スポンサーサイト
Comment:0  Trackback:0
2013
02.17

2013 my備忘録①

Category: 信仰


2012年は、『心のキャパが広げられますように。』

と度々願い祈らされた年でした。



1年過ぎてみると、色々な場面で周りの人たちに助けられ、

御言葉に支えられ

自分では無理、超えられないと思った困難を

はじきとばす者から受け入れる者へと、

立っている所から逃げずに留まり続けるよう支えられました。



1年を振り返り、

神から与えられた出会い、恵み、試練にも感謝します。



「愛には恐れがありません。全き愛は恐れを締め出します。」

(ヨハネⅠ4:18)


2013年は、この御言葉が私の心に語りかけてきています。



自分の心の階段を下って、所々に潜む闇が光に照らされるように、

主の取り扱いがあるように、クリスマスに祈りました。

イエス様はこんな私のためにも天から降りて来て下さったのだから。



見ないふり、知らないふりをしてきたこと

蓋をしてきたこと、ほっておいたこと、

自分から取り掛かるには勇気がいりそうだけれども、、、

主の御手のうちには、

もう、そのことは手が付けられてスタートしているようです。

すでに私は祈ってしまったので、、、

お願いします、と手をあげてしまいましたから。



「見よ。わたしは新しい事をする。今、もうそれが起ころうとしている。

あなたがたは、それを知らないのか。

確かに、わたしは荒野に道を、荒地に川を設ける。」

(イザヤ43:19)






新年を迎え、もう1か月半もたってしまいましたが、

忘れないように此処に書きとめます。

2013年が終わるときに振り返るのに役にたちますように。


続きを読む
Comment:0  Trackback:0
2012
08.24

2012年 夏 Estate 2012

Category: 信仰




夏も終わりに近づいてゆきます。



ヨーロッパでは9月から新年度が始まるため

8月は、終わりから始まりへと移行するときとなり、

十分に体と心を休め、整えつつ過ごしてゆきます。





しかし、主は、「わたしの恵みは、あなたに十分である。

というのは、わたしの力は、弱さのうちに完全に現れるからである」

と言われたのです。

ですから、私は、キリストの力が私をおおうために、

むしろ大いに喜んで私の弱さを誇りましょう。

(コリント人への手紙 第二 12章 9節)



And He said to me,

“My grace is sufficient for you,

for My strength is made perfect in weakness.”

Therefore most gladly I will rather boast in my infirmities,

that the power of Christ may rest upon me.

(2 Corinthians 12:9 NKJV)




この聖書のことばは、2012年前半、私を支えてくれたことばでした。

自分の弱さ、キャパの小ささ、限界にぶちあたるとき、

このことばを思い起こし、何度も握りしめ、

弱いところに働かれる神の力を体験しました。



そして、このことばは私の確かな力となって、

伝えたいことばとなりました。

実に、このことばは私に力を与えて、私を変えてくれたからです。







よき力に(Dietrich Bonhoeffer : Von guten Mächten)



もうひとつ、私に力を与えてくれたのは、この歌です。



自分の弱さを思うとき、

自分ではどうすることも出来ない、理不尽なことに心沈ませるとき、、、

愛する人達の悲しみを思うとき、

被災地を思うとき、世の中の難しさを思うとき、、、



ここに歌われているように、

よき力に囲まれて、守られていることを願い祈り、

何度もこの歌に心重ね、

力、与えられた歌でした。



歌うごとに、不思議な力がしみじみと、じわじわと湧き溢れます。



この歌は、キリストのためナチスに対抗し

戦った神学者ディートリッヒ・ボンヘッファー(1906-1945)が

ナチスに捕えられ、その獄中で刑に処せられる前のクリスマスに

婚約者とその家族に宛てて送られた詩を引用して作られた歌です。



よき力に (Dietrich Bonhoeffer : Von guten Mächten)



1.よき力にわれ囲まれ 守り慰められて

世の悩み共に分かち 新しい日を望もう

(リフレーン)

よき力に守られつつ 来たるべき時を待とう

夜も朝もいつも神は われらと共にいます



2.過ぎた日々の悩み重く なおのしかかる時も

さわぎ立つ心しずめ 御旨に従い行く

(リフレーン)

よき力に守られつつ 来たるべき時を待とう

夜も朝もいつも神は われらと共にいます





3.たとい主から差し出される 杯は苦くとも

恐れず感謝をこめて 愛する手から受けよう

(リフレーン)

よき力に守られつつ 来たるべき時を待とう

夜も朝もいつも神は われらと共にいます





4.輝かせよ 主のともしび われらの闇の中に

望みを主の手にゆだね 来たるべき朝を待とう

(リフレーン)

よき力に守られつつ 来たるべき時を待とう

夜も朝もいつも神は われらと共にいます





1. By loving forces silently surrounded, 

I feel quite soothed, secure, and filled with grace.

So I would like to live these days together, 

and go with you into another year.

(Refrain)

By loving forces wonderfully sheltered, 

we are awaiting fearlessly what comes.

God is with us at dusk and in the morning 

and most assuredly on ev'ry day.



2. Still matters of the past are pressing our hearts 

and evil days are weighing down on us.

Oh Lord, to our souls, so scared and sore, 

give rescue, as it's that you made us for.

(Refrain)
By loving forces wonderfully sheltered, 

we are awaiting fearlessly what comes.

God is with us at dusk and in the morning 

and most assuredly on ev'ry day.



3. And when you pass to us the bitter chalice of suffering,

filled to the brim and more,

we take it, full of thanks and trembling not, 

from this, your caring and beloved hand.

(Refrain)

By loving forces wonderfully sheltered, 

we are awaiting fearlessly what comes.

God is with us at dusk and in the morning 

and most assuredly on ev'ry day.



4. Warm and bright be our candles' flame today, 

since into gloom you brought a gleaming light,

and lead again us, if you will, together! 

We know it: you are beaming in the night.

(Refrain)

By loving forces wonderfully sheltered, 

we are awaiting fearlessly what comes.

God is with us at dusk and in the morning 

and most assuredly on ev'ry day.








残りの夏も、どうぞ皆さま、

よき力に守られて、この夏をお過ごしください。
続きを読む
Comment:0  Trackback:0
2012
03.25

誕生日 Il mio compleanno

Category: 信仰


 



幾つになっても誕生日は特別な日です。



生まれる場所と時、親、家族は自分で選ぶことが出来なくて

それは自分に与えられた特別なものです。



生んでくれた父と母。

どうもありがとう。



共に歩んでくれている伸之さん

ありがとう。



一緒にいてくれる皆さん

心に留め、祈ってくださっている方たち

ありがとうございます。



この世に生まれる前から、私を見つめ、守り導いて下さる神様

感謝します。







今日は日曜日。

イタリアではサマータイムに変更する日でもありました。



受難節のこのとき、礼拝では続けて『十字架』について語られています。



「だれでもわたしについて来たいと思うなら、

自分を捨て、自分の十字架を負い、

そしてわたしについて来なさい (マタイ16:24)」



Then Jesus said to His disciples,

"If anyone desires to come after Me,

let him deny himself, and take up his cross,

and follow Me.

〈Matthew16:24)



この誕生日に神様が私に語られたこと。

「あなたが負うべき自分の十字架とは何ですか?」

改めて、神様は私の心に問いかけられて、

しばしこのことを大切に思い巡らせています。



来週から受難週に入ります。

イタリアでは聖週間(Settimana santa)といって、

イエス・キリストが私達の罪を贖うため十字架にかかったことを記念し、

特別に思い巡らす時です。



「十字架のことばは、滅びに至る人々には愚かであっても、

救いを受ける私たちには、神の力です。(Ⅰコリント1:18)」



For the message of the cross is foolishness to those

who are perishing,

but to us who are being saved it is the power of God.

〈1Corinthian 1:18〉



〈十字架のことば〉

つまり、イエス・キリストが私達を救うために死んで下さった、

ということば。

それは、信じない人にとっては、ばかばかしく思えることだけれど

信じる者にとっては、神の力であること。



そして人間の知恵によって神様を知ることがないのは、神の知恵。



この神の力と神の知恵を知りたい方がいらしたら、

そっとでもよいので、神様に祈って聞いてみてください。



もしくは、そっと、この者にお声をかけてくださってもよいです。

(夫は牧師ですし。)



聖書の中にも、神さまのことを知りたくて、

〈いのち〉について知りたくて

誰にも知られないように、夜に

イエスのもとに訪ねて来られた方がいらっしゃいました。



なにか心に留まること、語られることがありましたら。。。







礼拝後、賛美教会の皆さんよりケーキとお花を頂きました。

皆さんの愛に感謝します。

ケーキを目の前にし、なんと嬉しそうな私の顔よ。。。








教会から出て、ビール屋さんにて乾杯!

一緒にお祝いしてくれてありがとう~。








続きを読む
Comment:0  Trackback:0
2012
01.26

待ち遠し春 In attesa della primavera

Category: 信仰




まだまだ寒いミラノ。



ハンナにも防寒服が必要です。

この赤いおべべ、よく似合っています。







今日は池が全面凍っていて、ハンナもそれを確かめるように

遠くを見つめています。







まだまだ寒さがずっと続くようにも思えてしまう日々。

でも、確かに春は近づいています。

木の芽がかすかにふくらんできました。

春がやってきます。



求めなさい。そうすれば与えられます。

捜しなさい。そうすれば見つかります。

たたきなさい。そうすれば開かれます。



だれであれ、求める者は受け、

捜す者は見つけ出し、たたく者には開かれます。



あなたがたも、自分の子がパンを下さいと言うときに、

だれが石を与えるでしょう。

また、子が魚を下さいと言うのに、だれが蛇を与えるでしょう。



してみると、あなたがたは、悪い者ではあっても、

自分の子どもには良い物を与えることを知っているのです。

とすれば、なおのこと、天におられるあなたがたの父が、

どうして、求める者たちに良いものを下さらないことがありましょう。

≪マタイの福音書7:7-11≫



"Ask, and it will be given to you;

seek, and you will find; knock,

and it will be opened to you.



"For everyone who asks receives,

and he who seeks finds,

and to him who knocks it will be opened.



"Or what man is there among you who,

if his son asks for bread, will give him a stone?

"Or if he asks for a fish, will he give him a serpent?



"If you then, being evil,

know how to give good gifts to your children,

how much more will your Father who is in heaven

give good things to those who ask Him!

"Matthew7:7-11"



続きを読む
Comment:0  Trackback:0
back-to-top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。