--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006
01.30

大事なこと

Category: 未分類


今晩のコンサート。



開始10分前に音楽監督がやって来て

演奏者皆一人一人にチョコレートを手渡してくれた。



???

今までこんなことなかったけどなあ、、、

と思ったら



『今日は指揮者が40度の高熱のため

来られなくなりました。

コンサートマスターをよく見て演奏すること。

ま、がんばれ。』



とのこと。



オーケストラのメンバー皆は、

驚きつつも、不平不満を言うことなく

『ま、よりいいかもね!』

とか軽く冗談を言って、笑ってすましてしまう。



コンサート開始の時間になり、

主催側から会場のお客さんに説明がなされる。



お客さんも、驚きつつも

その突然のハプニングに活気だって

『がんばれよ!』

と、その音楽に期待して

ニコニコしてみせる。



オーケストラのメンバー共々、

なんとかなるさ、とウィンクして舞台に上る。

イタリア人はこういうハプニングに

ものすごく強い。



音を鳴らし始める瞬間、

ひとりひとりの集中力と不思議な気持ちの一致。



結局のところ、総じて

無事に守られたよいコンサートとなった。



日本だったら、こんなこと許されるだろうか、

と思った。



高熱があっても、這ってでも行くのが指揮者であり、

それが仕事への責任。



指揮者が来れなくても

それを責めずに、受け入れることができる心のあり方が

また価値観の持ち方が

とても暖かく、人間的だと思った。



何が自分にとって大事なのか

仕事への責任感なのか

人目なのか

命なのか

愛なのか



いつでも状況に応じて

クリアーに判断する決断力と勇気が

彼らにはあるのだ、と思う。



今日はノブさん・マリコさん

音楽関係の日本人友人が来てくれていた。

ありがとう。
続きを読む
スポンサーサイト
Comment:0  Trackback:0
2006
01.29

聖日

Category: 未分類




朝の楽器搬入も守られ

午前中はPalazzinaにてコンサート。

我が家から会場が近いことも

感謝です。



ユリ・トモ・エノクが来てくれた。

ありがとう。



午後は礼拝。



『愛は寛容であり、愛は親切です。

また人をねたみません。

愛は自慢せず、高慢になりません。

礼儀に反することをせず、自分の利益を求めず、

怒らず、人のした悪を思わず、不正を喜ばずに真理を喜びます。

すべてをがまんし、すべてを信じ、すべてを期待し、

すべてを耐え忍びます。』(コリントⅠ13:4-7)




もし自慢しなかったとしても

心に高慢がなかっただろうか、、、と



高慢は人には見えない恐ろしいこと。

なぜなら、滅びに至らせるものだから。
続きを読む
Comment:0  Trackback:0
2006
01.28

大雪の中

Category: 未分類
ミラノの郊外にある小さな街

Voghera でのコンサート。



でも、大雪の影響。

車が動かない。



結局、大型タクシーを呼んでもらって

移動バスまで楽器を運搬することに。

『出来ないことと出来ること』

クリアーにして交渉するしかない。



オーケストラのメンバーとともに

バスでVogheraに移動してコンサート。



帰りは楽器を持ち帰るため

バスが家まで送ってくれることになり

12時半帰宅。


続きを読む
Comment:0  Trackback:0
2006
01.26

リハーサル

Category: 未分類


S夫婦の出発と同時に

Milano Classica のリハーサルが始まった。



大雪の中、楽器の搬入も守られ

演奏者もなんとか無事に会場に辿り着いた。



ロベルト・ジーニ指揮による

モーツァルトの小さなシンフォニー。



今回、『ユリコさん』という日本人チェロ奏者と

一緒になった。

家もそんなに遠くないみたい。
続きを読む
Comment:0  Trackback:0
2006
01.25

3週間

Category: 未分類
あっという間の3週間。

S夫婦と一緒に過ごした日々は

とてもよい時間でした。

最後は新婚のM夫婦も日本から加わり、

我が家で夫婦談議に花を咲かせました。



時間を見つけては

日帰り旅行も一緒に。



Brescia

ゴーギャン・ゴッホ展を見る。

しみじみと心に響いてくる展覧会だった。

心に重ね合わされる

よい感覚。



街に出てみると、新旧のドゥオーモが肩を並べていました。

時が止まっているかのように

静かな旧ドゥオーモの中。







Trezzo sul'Adda

静かな城跡と川沿いの自然保護地区を散策。











Verona

ロミオとジュリエットの舞台。







またご夫婦にはミラノでも会えるといいな。



続きを読む
Comment:0  Trackback:0
2006
01.18

聖日礼拝

Category: 未分類




日本から戻ってきた人、旅から戻ってきた人、

みんなの顔がそろい始めた。



『わたしたちはキリストの体の部分だからです。』

(エペソ5:30)



のぶさんによるメッセージ。



教会とは私達のこと。



「キリストによって、体全体は、

ひとつひとつの部分が、その力量にふさわしく働く力により

また備えられたあらゆる結び目によって、

しっかりと組み合わされ、成長して、愛のうちに建てられるのです。」
続きを読む
Comment:0  Trackback:0
2006
01.14

湖畔

Category: 未分類


S夫婦が我が家に来て1週間。

今日は一緒にマッジョーレ湖畔のラヴェーノという街へ。





静かな湖畔。

気持ちのよい日でした。



この街にあるイタリアンチェンバロを見学。
続きを読む
Comment:0  Trackback:0
2006
01.06

エピファニア

Category: 未分類


エピファニア(イタリアの祝日)

今日でクリスマスシーズンはおしまい。



ドン・マルコはミサの冒頭で

『この祝日を、べファーナの祝日、というのは

とても残念なことです。』と語り始めた。

エピファニアというのは、東方の博士達が

イエス様を発見した、イエス様が公的に現れた喜ばしい日なのである。

東方教会は、この日をクリスマスよりも、

さらに大切にしているとのこと。



クリスマスにサンタクロースが子供にプレゼントしてくれる、、というように

イタリアでは、エピファニアにべファーナ(魔女)が

子供にプレゼントを靴下の中にいれる、、、という風習がある。

よい子にはお菓子を、悪い子には炭を、、、と。







我が家のプレゼピオも来年までお蔵入り





続きを読む
Comment:0  Trackback:0
2006
01.04

くつろぎの家

Category: 未分類




デュッセルドルフに一泊旅行。



のぶさんの大学時代からの友人&Mファミリーが

住んでいるお家へ。



もう何度も訪れさせて頂いているのだけれど

森の中の静かな空間を感じさせられる

憩いの館です。



ケルンの温泉でゆったりして、

翌日は彼のアトリエへ。



のぶさんは少年の顔に戻り

無邪気さを取り戻しました。



ダンケ シェン





続きを読む
Comment:0  Trackback:0
2006
01.03

スキー

Category: 未分類




イタリアに来てはじめてのスキー。

真っ白な気持ちのよい世界。





急傾斜を滑降する感覚は

演奏するときの感覚とちょっっぴり似ている。



できる!って信じて飛び込まないと

始まらない、終わらない。



って飛び込んでみても

転んじゃうんだけど。



ゴロゴロ

ステン







続きを読む
Comment:0  Trackback:0
back-to-top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。