--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006
04.09

フーガの技法 パート2

Category: 未分類
Semana de Musica Religiosa de Cuenca

クエンカ聖週間宗教音楽祭



前日にミラノからスペイン・マドリッドを経由してクエンカへ移動。



ミラノの空港でトランクを預けた私に

「楽譜は手元にあるね?」とすぐ確認したファビオ。



聞いてみると、以前、コンサート旅行の際に、

共演者がロストバゲージに遭い、

その人はトランクに楽譜を入れていたそうで、

大変なことになってしまったそうなのだ。

色んな経験、踏んでいるのだなあ。



クエンカに到着し、ホテルにチェックイン。

休むまもなくコンサート会場となる教会へ。







チェンバロが1台しか、まだ到着しておらず

とりあえずホテルに戻り、ご飯を食べる。

おなかいっぱい食べて、休憩。



再び教会へ。

2台のチェンバロ、無事に到着。

今回は、練習してきたとおりの配置で

2台を同じ向きで並べる。

楽器の機能確認、ざっと調律した後、指ならしをして、

2台チェンバロの部分を先にリハーサル。







1台部分のリハーサルをし、

楽器の性能・機能の確認と調整を続けるファビオ。

自分の楽器を持ってこれたら、なんて楽なのに!

・・・といいつつも、手を動かし作業を進める。

「チェンバリストという職業をしていくのだったら

必要最低限のこと」

彼の経験値の豊かさに目を見張ります。



コンサート当日。

正午より始まったコンサート

不安もなにもかも、委ねることができ、

すべて守られたコンサートとなりました。

多くの方に喜んでいただく事が出来て

この旅もすべて守られました。

感謝



ひとつひとつの経験によって

備えられていくものがあることを教えられ

心に刻みこむときでもありました。



http://www.semanademusicareligiosa.com/

(音楽祭のサイト)

続きを読む
スポンサーサイト
Comment:0  Trackback:0
2006
04.08

Cuenca

Category: 未分類




スペインのクエンカへ。

ここ、クエンカでは復活祭前1週間、

この聖週間に毎年、宗教音楽祭が行なわれる。



去年に続き、この街に訪れた。



この聖週間、キリストの受難週には

町中の人々が、独特な衣装を着て大行列を作り練り歩く。

キリストの生涯の物語を彫像にし、

それをおみこしのようにかつぎ、

昼も夜も、真夜中も1週間毎日歩き続けるのです。



去年見たその光景は、私に強烈な印象を残しました。

クエンカは、この行事によって宗教的な街と言われていますが、

実際の所、今現在、この行事もお祭りと化してしまっている

感じも受けます。

どれほどキリストの受難の痛みを、また復活の喜びを

心に宿しているのだろうか、と。



それでも、やっぱり、

たとえば教会に描かれている

フレスコ画やステンドグラスが聖書の物語を語るように

この行事がイエス・キリストの受難と復活を

世代を超えて語り続けていることは、確か、と思います。



http://www.juntacsemanasantacuenca.com/index2.htm

(参考までに、その街の様子がわかるサイトです)
続きを読む
Comment:0  Trackback:0
2006
04.01

フーガの技法 パート1 in Pinerolo

Category: 未分類




午前中Milano Classicaにてヴィヴァルディ「四季」のリハーサル。

夜のコンサートのため早引きして、トリノの近くにあるPineroloへ

電車で向かう。



夕方、現地に到着してファビオとリハーサル。

バッハのフーガの技法。

2台チェンバロの配置が、場所の都合により

練習のときの配置と変わり、

目と耳がチカチカして、うまく対応できず。



そのせいもあったのか、私は本番で大きな失敗をしました。

この機会を与えてくれたファビオに申し訳なくなりましたが、

彼の演奏は素晴らしく、良いコンサートとなりました。



この教会は響きがとても美しく、

ファビオはバッハのゴルドベルグ変奏曲を

ここで録音しCDを出しています。



演奏会後は、オーガナイザーのジュゼッペと

ファビオと奥さんのキアーラと一緒にピッツェリアへ。

思ってみれば、師であったファビオやキアーラと

一緒に食事をゆっくりすることって、なかったな。

このような機会も感謝です。



「君は、明日よい演奏ができるように、

Quatro Stagione(ピザ・四季)を注文しなきゃね!」



美味しいピザを食べて

ジュゼッペの家に戻り、宿泊。

翌朝、5時に起きて、ミラノにむかう。

こんなに朝早く起きて、トリノまで送ってくださった

ジュゼッペさんに心から感謝。

無事にミラノに着いて、おかげさまでMilano Classicaにて

「四季」演奏できました。
続きを読む
Comment:0  Trackback:0
back-to-top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。