--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006
08.31

ユトレヒト古楽音楽祭

Category: 未分類


車を北へ北へと走らせて、オランダに。

運河の走る小さな街、ユトレヒトに辿り着きました。





Cafeでは、甘えん坊の猫が膝にのってきて、

ゴロゴロ、ニャゴニャゴ。。。







この音楽祭、今年は16世紀イタリアの音楽がテーマになっています。

どれも興味深いけれど、日程にあうものをチョイスして

聴く事ができ感謝でした。



Fabioのチェンバロコンサート:

初期バロック・ヴェネツィアの音楽。

Rebecca Stewart 率いるScuola Cantorum Brabantiae :

アカペラ音楽が本当に素晴らしくて泣けてしまいました。

ボローニャのオルガニストTamminga:

オルガンコンサート。



それにしても、どこを旅しても

ハンナの関心は鳩、白鳥、鴨、、、





私、追っかけたくてしょうがない、猟犬なの。



B君とYちゃんのいるデン・ハーグへ。

B君と久しぶりに会ったノブさんは、嬉しそうでした。

やっぱり昔からの友って良いものです。



続きを読む
スポンサーサイト
Comment:0  Trackback:0
2006
08.30

家族旅行

Category: 未分類
高速道路に乗ってドライブ。

ミラノから北上するうちに、モンテローザが見えました。





今まで、その山を見た人からは、

驚くくらいに興奮した様子を伺うばかりで、

きれいな山なんだろうな、くらいに思っていました。

でも、なぜそんなにも興奮してしまうのか、

一目でわかりました。

それに、ときどきしか見えないんです。雲に隠れていて。

(写真だと見えないかな)







車の中で、ハンナはとても静かで良い子です。

スイスの長いトンネルに入る前、ハンナも車から出て一休み。





虹!





夕焼けも美しい日でした。
続きを読む
Comment:0  Trackback:0
2006
08.27

挨拶

Category: 未分類
この日が足音もなく、ほんとうに来てしまった。



語られたひとこと、ひとこと

その声の響きは、

ストップモーションのように、

心に残っている。



「あなた方が救われたのは、あなたのモラルではなく

ただ、主イエスにある恵みによって、

救われたのです。」



「教会にも問題があるでしょう。

あなたは、そこに目を留めるのでなく

いつも主イエスを見ていなさい。」



それがDon Marco の最後のメッセージ。



このカトリック教会でオルガンに弾く機会が与えられたのは

2001年の12月。

献身した翌日に、神様が与えて下さった『恵み』だった。



オルガンを弾いたことのない私を、

私が何者であるか、まったく知らないのに

初めからオルガニストとして私を用いてくださった。



オルガン弾きとしての私の初めの一歩は、ここであり、

そして育てられてきた。



Don がいなくなるとき、

挨拶しようと思って、言葉も準備してたのに

胸がつまって、なにも言えなかった。



でも、Donは、誰よりも寂しい思いをして

ここを去って行くのだと思う。



イエス様が愛する弟子達を残して天に昇っていかれたように。



人を愛するということは

寂しさを覚えるということ。



このひと時、ひと時を、

無感覚にならずに

心を開いて、しっかり見つめていこう。



そのひと時、ひと時は、変化のときであって

それは、大きな流れの経過点でしかないのだから
続きを読む
Comment:0  Trackback:0
2006
08.21

Idroscalo

Category: 未分類
夕の散歩は、ちょっと足を伸ばしてIdoroscalo に。



長細い人口湖は、水上機の離発着に使われていたところ。

(今も必要に応じて使うのかな。)

色んなイベントもする場所なのだけど

夏は水辺に遊びにくる人がたくさんいて

パラソルの下にベンチをおいて、水着姿でくつろぐ人を見かけます。



そして、ハンナに耳寄りな情報だったのが

犬用の水辺がある!ということ。



行ってみたら、ハンナ、大喜び。

おまけに遊んでくれる素敵なお兄さんがいたから

ハンナは泳ぎまくり、遊びまくり

おおはしゃぎでした。
続きを読む
Comment:0  Trackback:0
2006
08.18

ハンナの咳

Category: 未分類




ハンナの咳がずっと続いていました。



気管支炎ように咳がとまらなくなってしまうのです。

夜中の咳がひどくて、とてもかわいそうでした。

時には、ノブさんと二人でハンナの背中をさすって

夜を明かしたものです。



昨日、獣医さんから頂いた薬がよく効いて

ハンナの咳がピタリと止まりました。



あー、良かったね、ハンナ。
続きを読む
Comment:0  Trackback:0
2006
08.16

久しぶりの日記

Category: 未分類
静かな一日。

ハンナと散歩して、家を片付けて

カレーを作って、のんびり過ごす。



窓の外からは、トラムが走ってる音が聞こえてくる。

毎年思うんだけど、

夏のトラムって超特急で走る。

乗せる人もいないし、待ってる人もいないから

ゴーーって凄い勢いで走る。



今週のミラノはがらんとして

静かです。



夜は久しぶりにオルガンのコンサートを

聴きにいこうっと。
続きを読む
Comment:0  Trackback:0
back-to-top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。