--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011
12.25

真夜中のミサ La Messa della Notte di Natale

Category: キリスト教




イタリアのカトリック教会では、

イエス・キリストが誕生された聖なる夜を記念し、

24日から25日への真夜中にミサが行われます。



イエス・キリストは家畜小屋の飼い葉おけのなかに生まれました。

教会には、祭壇の上に空の飼い葉おけがおかれていて

司祭入場のときに、白い衣をきた子供によって、

赤ん坊のイエス・キリストが運ばれてくるのです。







このS.il defonso(サン・イルデフォンソ)教会は、

2001年、私がオルガンを弾き始めたころに不思議な導きで出会い、

それ以来、オルガン奉仕をさせていただいている教会です。



年を経るにつれて、私自身の優先順位、環境や様々な変化のなか

サン・イルデフォンソ教会に弾きにくることが、

かなり減ってきたのにもかかわらず

それを、ちゃんと理解して受け入れてくださり、

イエス・キリストを主とする信仰を共にもって、

オルガン奉仕をさせていただけることが感謝です。



聖歌隊があり、週に2回練習を続けていて、

よき指導者も与えられどんどん上手になっています。

そしてレパートリーも深められて

古い音楽もとりいれられるようになりました。

以下は、真夜中のミサで歌われたものです。







Puer Natus in Bethlehem

(みどりごはベツレヘムに生まれました)

Grazie al Signore e a tutti !

Auguri!!


続きを読む
スポンサーサイト
Comment:0  Trackback:0
2011
12.24

ミラノのクリスマス日本語礼拝 Il culto natalizio della comunita' giapponese a Milano

Category: キリスト教




クリスマスキャロルで、イエス・キリストの誕生を綴りながら

クリスマスの礼拝を捧げています。



古い時代から残されているクリスマス・キャロル



その歌詞は、まさにキリスト誕生の予言から、

その予言であるキリストの誕生を待ちわびていた羊飼いのこと

天使が羊飼いに現れ光の中でキリストの誕生を賛美したこと

羊飼いが家畜小屋で、うまれたばかりのキリストを見つけたこと

星に導びかれ、東方からやってきた

三人の博士がキリストを拝みにきたこと



クリスマスの歴史は昔から歌い継がれてきました。



牧師のメッセージは≪星に導かれて≫。

3人の博士が星に導かれ、赤ん坊のキリストを礼拝しにやってきました。

このクリスマス、来て下さった方々も、

星に導かれるように、集ってこられたおひとりおひとり。

ほんものの光であるキリストを見つけ、受け入れ

礼拝捧げます。







キャンドルの光は、ろうを燃やして、

自分の身をけずって光りと温かさを与えてくれます。

キャンドルの光は、自らのいのちを削って、

私達にいのちを与えてくださった

キリストの姿と重なります。



このクリスマス礼拝でも

きよしこの夜を歌いながら、キャンドルサービスをして

光が広がってゆきました。







今年のクリスマス日本語礼拝では

子供たちが来てくれました!!!!

備えられていた子供のためのお話しが語られ

≪お星がひかるピカピカ≫の讃美歌を

みんなで踊りながら歌いました。



すごく、かわいくて、神様の祝福が溢れます。

2012年には、子供達、また家族が増やされるかな。(期待♡)







その後は、牧師館へ移動して、みんなでお喋りしながら

お腹いっぱいに食べて、幸せになりました。





続きを読む
Comment:0  Trackback:0
2011
12.18

ヴァルデーゼ教会の礼拝にて Il culto della Chiesa Valdese

Category: キリスト教




ミラノ賛美教会は、イタリアの福音派ヴァルデーゼ教会をお借りして

午後に礼拝を捧げています。



午前中はヴァルデーゼ教会の礼拝があり

こんな風にイタリア人の皆さんが集っています。

オルガン席からの眺めもちょっと違ってみえます。



少し前から、1~2か月に一度、

ヴァルデーゼ教会の礼拝の奏楽を担当しています。

賛美教会とのコミュニケーションのひとつです。



ヴァルデーゼ教会には、会堂を使わせていただいたり、

また私達夫婦のビザ取得のためにも、

お世話になっています。



この日は、子供達がクリスマスにちなんで、

闇と希望を表現しながら、劇を行い

礼拝が捧げられてゆきました。

続きを読む
Comment:0  Trackback:0
2011
12.16

オランダのクリスマス Christmas in Olanda

Category: キリスト教




オランダ南のほうに、《羊小屋》と呼ばれる所があります。

欧州にある日本語教会のひとつです。



今までも多くの牧師先生たちが来られ、祈りのうちに主に守られ、

建てられてきた教会です。



広い敷地の中、

ここには、たくさんの動物がいます。







にわとり、やぎ、お家の中には白いハトもいます。

《笑い鳩》といわれいて

本当に笑い声のように高らかに鳴きます。







そして、こちらは、お隣に住んでいる羊さん。







到着日、夕刻に羊小屋で開かれたお茶会。

お招きいただいて、ご一緒させていただきました。







翌日には、聖書が開かれて

集われた皆さんとみことばを聞くときとなりました。







翌々日16日はクリスマス会、

クリスマスのお話し《イエスキリストの誕生》を、

オランダの聖歌隊の皆さんと一緒にチェンバロ・映像を用いながら

クリスマスキャロルで綴ってゆきました。



牧師のお話しの後は、キャンドルサービス。

静まりの中、きよしこの夜を賛美しながら、

キャンドルの光が広がってゆきます。







そして、みなさんが用意して下さった、美味しいお食事。

楽しいプレゼント交換。

たくさんの方々が来られ、恵み溢れる時でした。



皆さんが祈りとともに備えてこられたクリスマス会。

滞在中、いろいろな準備もあるのに、毎食お食事を作ってくださったり

何から何までしてくださったペイトン家をはじめ、教会の皆様に

心から感謝いたします。



クリスマスの祝福が集われたおひとりおひとりに

豊かに注がれますように!!





クリスマス会前夜の会場

続きを読む
Comment:0  Trackback:0
2011
12.09

『メサイヤ』聖書の学び:ストラスフールにて Lo studio biblico con ≪Messia≫di Handel in Strasburgo

Category: 聖書と音楽




13回目を迎えたストラスブールでの聖書の学び。

メサイヤを聴きながらテキスト(歌詞)である聖書を開きつつ

牧師からのお話しを聞いています。



初回から続けて来られている方、初めて来られる方、

皆、様々なのですが

いつも集うたびに、あたたかな空気が流れます。



今回はクリスマスにふさわしい曲を皆で聴きました。



≪For, behold, darkness shall cover the earth...≫

見よ、闇は地を覆い 暗黒が国々を包んでいる。

しかし、あなたの上 には主が輝き出で 主の栄光があなたの上に現れる。

国々はあなたを照らす光に向かい 

王たちは射し出でるその輝きに向かって歩む。

イザヤ書60:2,3




≪The people that walked in darkness...≫

歌詞:やみの中を歩んでいた民は、大きな光を見た。

死の陰の地に住んでいた者たちの上に光が照った。

イザヤ書9:2




≪For unto us a Child is born...≫

歌詞:ひとりのみどりごが、私たちのために生まれる。

ひとりの男の子が、私たちに与えられる。主権はその肩にあり、

その名は「不思議な助言者、力ある神、永遠の父、平和の君」

と呼ばれる。

イザヤ書9:6



今年1年を振り返ってみると多くの出来事がありました。

3月11日の震災以降、私達日本人にとって、また世界を見ても

暗く押し迫る事柄が多く、私自身、心の中が闇に覆われ、

埋もれてしまいそうな時もありました。



そのような中、今年のクリスマスは、

格別な思いをもって心待ちにしていました。



聖書の歴史書の中には、メサイヤのこの箇所の通り、

キリストの誕生、クリスマスの預言が確かにされています。



地が闇に覆われるとき、

ほんものの光として、希望として、

この世に赤ちゃんとして生まれて来られたイエスキリスト。

その方は、ワンダフルカウンセラー(不思議な助言者)とも呼ばれる方。



私達を闇から引き揚げ、いのちを与えるために来られた方。



私達のために生まれて下さったイエス様を、

今一度、心にお迎えしたい、と思う今年のクリスマスです。





≪For unto us a Child is born...≫





続きを読む
Comment:0  Trackback:0
back-to-top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。