--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012
03.25

誕生日 Il mio compleanno

Category: 信仰


 



幾つになっても誕生日は特別な日です。



生まれる場所と時、親、家族は自分で選ぶことが出来なくて

それは自分に与えられた特別なものです。



生んでくれた父と母。

どうもありがとう。



共に歩んでくれている伸之さん

ありがとう。



一緒にいてくれる皆さん

心に留め、祈ってくださっている方たち

ありがとうございます。



この世に生まれる前から、私を見つめ、守り導いて下さる神様

感謝します。







今日は日曜日。

イタリアではサマータイムに変更する日でもありました。



受難節のこのとき、礼拝では続けて『十字架』について語られています。



「だれでもわたしについて来たいと思うなら、

自分を捨て、自分の十字架を負い、

そしてわたしについて来なさい (マタイ16:24)」



Then Jesus said to His disciples,

"If anyone desires to come after Me,

let him deny himself, and take up his cross,

and follow Me.

〈Matthew16:24)



この誕生日に神様が私に語られたこと。

「あなたが負うべき自分の十字架とは何ですか?」

改めて、神様は私の心に問いかけられて、

しばしこのことを大切に思い巡らせています。



来週から受難週に入ります。

イタリアでは聖週間(Settimana santa)といって、

イエス・キリストが私達の罪を贖うため十字架にかかったことを記念し、

特別に思い巡らす時です。



「十字架のことばは、滅びに至る人々には愚かであっても、

救いを受ける私たちには、神の力です。(Ⅰコリント1:18)」



For the message of the cross is foolishness to those

who are perishing,

but to us who are being saved it is the power of God.

〈1Corinthian 1:18〉



〈十字架のことば〉

つまり、イエス・キリストが私達を救うために死んで下さった、

ということば。

それは、信じない人にとっては、ばかばかしく思えることだけれど

信じる者にとっては、神の力であること。



そして人間の知恵によって神様を知ることがないのは、神の知恵。



この神の力と神の知恵を知りたい方がいらしたら、

そっとでもよいので、神様に祈って聞いてみてください。



もしくは、そっと、この者にお声をかけてくださってもよいです。

(夫は牧師ですし。)



聖書の中にも、神さまのことを知りたくて、

〈いのち〉について知りたくて

誰にも知られないように、夜に

イエスのもとに訪ねて来られた方がいらっしゃいました。



なにか心に留まること、語られることがありましたら。。。







礼拝後、賛美教会の皆さんよりケーキとお花を頂きました。

皆さんの愛に感謝します。

ケーキを目の前にし、なんと嬉しそうな私の顔よ。。。








教会から出て、ビール屋さんにて乾杯!

一緒にお祝いしてくれてありがとう~。








続きを読む
スポンサーサイト
Comment:0  Trackback:0
2012
03.19

カメへのご挨拶 Un salutino alle tartarughe

Category: 暮らし




ハンナ池のまわりを巡回中。







クンクン・・・。







ハンナ『ん・・・・?』







ハンナが走った!







ハンナ『こ、これは・・・』







ハンナ『おかあさん、カメです。』







翌日も、ハンナの池巡回は続きます。







います、います。

カメのファミリーが甲羅干ししています。







ハンナ 『こんにちは~。お目覚めだね~。』

カメ 『ど、どうも・・・』

・・・と勇気のあるカメ一匹。



あとのカメたちは、駆け寄るハンナに身をひるがえし

足早に池の中へ・・・

池の中から顔を出しながら、様子をうかがうカメたち・・・

たくさんいるのご覧いただけるでしょうか。



冬眠から覚めたばかりのカメたちへの

ハンナからのご挨拶でした。









続きを読む
Comment:0  Trackback:0
2012
03.16

春 La primavera

Category: 暮らし




春です。



  



 



あちらこちら春色になりました。







ハンナも春が大好き。

顔がほころんで・・・春顔です。







レンギョウと一緒に。







スミレと一緒に。







オオイヌノフグリと一緒に。



親ばかなもので『お花とハンナ』という一タイトルのもと

シャッターをきってしまいます。

だって・・・似合うんだもの。

(って、やっぱり親ばか。)





そして、ハンナも春の小犬発見です。







ハンナ:『お?・・・』しっぽピーン。

子犬:『えへ・・・♡』ちょこん







ハンナ:『ちゃお。』 

子犬:『ママ・・・?』







ハンナ:『ち、ちがうけど、、、ま、いいっか。。。』 

子犬:『ママ~~!!!!』



 



この子犬。ハンナの幼かった頃にそっくり。

ハンナが来たのも3月でした。



小さかった頃の春犬はんちゃん、

よろしかったら、こちらのほうご覧ください♡

和みます。



ハンナ春の子犬時代

続きを読む
Comment:0  Trackback:0
back-to-top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。