--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014
09.23

グローリア

Category: 聖書と音楽
久しぶりにバロックオーケストラ≪ラ・リソナンツァ≫に加わらせて頂き演奏してきました。
プログラムは、ヘンデルのカンタータ、コレッリのコンチェルト・グロッソ、そしてヴィヴァルティのグローリア。

コーラスは≪コスタンツォ・ポルタ≫。
グローリアではコーラスと一つとなって、神様に捧げる気持ちをもって演奏しました。

ヴィヴァルディのグローリアは、イタリアではよく演奏されます。
歌詞は、カトリックのミサ典礼文(通常文)となっていて
その言葉に音がつけられて神様をほめたたえる歌となります。

一文一文がひとつひとつの曲となり、ソリストやコーラスがそれらの曲を歌うとき、
言葉にふさわしく表現され、告白されて
さらに、会場は残響の多い教会だったこともあり、神様をほめたたえるこの歌詞と音楽が
本当に美しく響き渡りました。

グローリア2

Gloria in excelsis deo.
いと高きところの神の栄光。

Et in terra pax hominibus bonae voluntatis.
それは、地に平和をもたらし、人に良き行いをもたらす。

Laudamus te. Benedicimus te. Adoramus te. Glorificamus te.
主を讃え、主を誉めよ。主を畏れ、主を崇めよ。

Gratias agimus tibi propter magnam gloriam tuam.
主の大いなる栄光のもとに感謝し捧げ。

Domine deus, rex caelestis, deus pater omnipotens.
主なる神、天上の王、全能の父なる神。

Domine fili unigenite, Jesu Christe.
主なるひとり子、イエス・キリスト。

Domine deus, agnus dei, filius patris.
主なる神、神の仔羊、父の御子。

Quitollis peccata mundi, miserere nobis.
この世の罪を取り除き給いしもの、我らを憐れみたまえ。

Quitollis peccata mundi, suscipe deprecationem nostram.
この世の罪を取り除き給いしもの、我らの願いを聞き入れたまえ。

Qui sedes ad dexteram patris, miserere nobis.
父の右に座し給うもの、我らを憐れみたまえ。

Quoniam tu solus sanctus, Tu solus dominus.
あなたこそが聖なるもの、あなたこそが主。

Tu solus altissimus, Jesu Christe.
あなたこそが崇高なるもの、イエス・キリスト。

Cum Sancto spritu, in gloria dei patris, Amen.
聖霊とともに、父なる神の栄光のもとに。アーメン。


何かの手違いで楽器のトラブルもありましたが、
良くないシチュエーションの中で最善を尽くす、、、師であり、指揮者のボニッツォーニ氏の姿勢を
垣間見て、学ばされました。

仕事を通して音楽家の友人達と、このように一緒に演奏しながら過ごす時が与えられて
関係を続けて行けることは、感謝だなぁ。と思います。
人生の中には色々な時期があって、良いときも悪いときもあることを共に知り、
気にしあうことができるのは、そろそろこの年になると、宝のように思えるようになりました。
そして日本人の音楽家のお友達もオーケストラに2人入っていて
リハーサルの時から、また旅も楽しく過ごすことができて、本当に感謝でした。

グローリア3

場所はリミニという海辺の町。
ちょっとした時間を見つけて、皆で浜辺の散歩。
海の町は風が穏やかで、癒されます。

グローリア

スポンサーサイト
Comment:0  Trackback:0
back-to-top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。