--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2004
11.25

社会見学(楽器製作学校)

Category: 未分類




シノザキさんが通っているバイオリン製作学校の見学に行く。



一人一人が製作過程の違うバイオリンを、丁寧に作っている。

柳の木を用いて柔らかい曲線を作り出したり

掘り込んだり、削ったり、艶を出すための作業があり、

それぞれの人が打ち込んで作り上げている様子が、とても心に残った。



古い楽器の修理部屋は、本当に興味深くて

楽器の病状・傷・原因をさぐり、決して合理的方法論で対処するのでなく、

どうやったら元のようになるのか、楽器を看て

ひとつひとつケースバイケースの手当て・手術をしていく作業だった。

愛情をこめて楽器を取る手、真剣な眼差しだった。

また、マエストロ達も優しくて、見学者である私たちに

とっても丁寧に説明してくれた。



この学校には5・6人の日本人がいて

ミラノのショウちゃんもいて、自分が作っている楽器を見せてくれた。



こんな世界で、がんばっているのだなあ。

彼らの世界が今までより見えて嬉しい。




夜はハナ宅で夕食と学びの時。

ラクサとブロッコリーの炒め物。

またアップルシュトゥルーデルもオーブンで焼いてくれて

本当に美味しかった。



様々な方法で私達を惑わし、誘惑し、

神様から引き離そうとするサタンに打ち勝つ方法。



・神の聖霊を主人にたてる。

・知ったら逃げる。

・クリスチャンとしての信念を持ちつつける。(意志)



なによりも御言葉に力がある。



この現場にあっての様々なサタンの力は、言葉で言い表せないほど巧妙で、

あるときはじわりじわり、知らないうちに、特に人の思いにおいてやってくる。

でも、その力を恐れすぎたり、過大評価しすぎないことも大事。



決して『闇は光に打ち勝たない。』から。

スポンサーサイト
トラックバックURL
http://marihan.blog.fc2.com/tb.php/106-557e8a7c
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。