--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006
09.28

聖なる山 Sacro monte 1

Category: 未分類


Iさんのお誘いで、ミラノに住む日本人の婦人達と一緒に、

ヴァレーゼにあるSacro Monte(聖なる山)に行きました。



この「聖なる山」は、山上の聖域として、多く信者や観光客が訪れる巡礼地。





山を上る小道に沿って15の小聖堂や礼拝堂が建てられており、

その中にある彫刻・絵画を見ながら山をのぼります。



この2kmの山道をカルヴァリの丘に見立て、

イエスキリストの生涯を、山を登りながら追体験することができるわけです。



イタリアのピエモンテ州とロンバルディア州に9箇所のサクロモンテがあり、

ユネスコ世界遺産として登録されています。

ヴァレーゼのものも、そのひとつです。



その小礼拝堂は、マリヤの受胎告知から始まります。



御使い

「おめでとう、恵まれた方。主があなたとともにおられます。」

「こわがることはない、マリヤ。あなたは神から恵みを受けたのです。

御覧なさい。あなたはみごもって、男の子を産みます。

名をイエスと名付けなさい。」



マリヤ

「私は主のはしためです。

あなたのおことばどおり、この身になりますように。」





そして、次の小礼拝堂まで小道を歩きます。





「マリヤのエリザベツ訪問」



イエスを身篭ったマリヤは、

お腹に男の子を宿している親類のエリザベツを訪れ、挨拶します。

すると、エリザベツの子は胎内で踊り、エリザベツは聖霊にみたされました。



エリザベツ

「あなたは女の中の祝福された方。

あなたの胎の実も祝福されています。

私の主の母が私のところに来られるとは、何ということでしょう。」



マリア

「わがたましいは主をあがめ、

わが霊は、わが救い主なる神を喜びたたえます。

主はこの卑しいはしために目を留めてくださったからです。」





「イエスの誕生」



ヨセフとマリヤがベツレヘムに滞在している間に、

マリヤは月が満ちて、初子を産み、

布に来るんで飼い葉おけに寝かせた。

宿屋には彼らのいる場所がなかったからである。



スポンサーサイト
トラックバックURL
http://marihan.blog.fc2.com/tb.php/261-93d63555
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。