--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008
09.22

神を讃える人

Category: 未分類




レオは駐車場で働くブラジル人。

彼が今日泣いていた。



『3年半待ち続けていたレーサーへ再挑戦する機会が僕に与えられたんだ。

これは、神様が与えてくれたチャンスだ。

神様に感謝してるんだ。』



駐車場で車の整理をするレオのことを、

礼儀正しく仕える心をもって働かれる人だな、と思っていた。



以前ブラジルでレーサーをしていたこと、

その頃にドラッグや悪い遊びをして生活が崩れてしまったこと。

神様が彼にその環境から離れるよう語られて、

そして、すべてを捨てて、ブラジルからイタリアにやってきたこと。



そして神様と共に歩む平安と喜び、素晴らしさをしったこと。



初めて聞くレオの話だった。



日々の仕事の中に、3年半の試練があったのだと思わされた。

神様が、彼の夢を、今引き上げられたのだと思う。



『大きな賜物を与えられている人は、一度深く埋められる時がある。

与えられた夢への情熱は、打ち砕かれて、煉られた後、

主が大きく用いられる器へと変えられる。

ただ主に栄光を。』



いつか篤子さんから聞いた言葉を思い出した。



レオは、まっすぐに天に手を伸ばして、

『神に感謝!(Grazie a Dio!!!!)』

大きな声で神を讃えた。



神に感謝し、神に栄光を返す人は光輝いている。

神様って素晴らしいと心から思う。

神を知っている人生は、湧き上がり溢れ出る大きな喜び。



これは、ほんとうのことです。





駐車場の人達と友達になったのもハンちゃんの仕業。

彼らに駆け寄り、よく可愛がってもらっているハンナ。

スポンサーサイト
トラックバックURL
http://marihan.blog.fc2.com/tb.php/285-6bc6c958
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。