--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008
10.16

La luce splende nelle tenebre

Category: 未分類


それでも時が流れ、夜は明けて陽がのぼる。



何度も夜中に目が覚めて、喉はからから。

無気力のままに目が冴える。

悲しい気持ちに包まれるとは、こういうことか。って

自分を分析してみる。



この藍色に空気に呑まれてしまったら

ある意味、きっとそれは自分勝手な自己陶酔なんだな、

闇という心地よさそうな毛布にうずくまってしまうことなんだなって

自分を分析している、クールな自分がいる。

(私にしては珍しいことにプチ鬱なのでしょう。)



それでも私は御言葉で回復させられる。

みことばには力がある。

闇を照らすほんものの光だ。



祈りのなかで、それでも神様が共にいることを知り、

守られていることを感謝している。



光はやみの中に輝いている。

やみはこれに打ち勝たなかった。(ヨハネ1:5)



平和をつくる者は幸いです。

その人は、神の子どもと呼ばれるからです。(マタイ5:9)




“ピースメーカー”とは、問題の原因を知っていて、

それを明らかにして追及することで自分の責任をはたしたと考えるのでなく、

自分自身に不和の責任を感じ、その問題を解決する人です。

(キム・ドンホ:リビングライフより)






ハンちゃん、

君はいつも一等の平和大使だよ。

スポンサーサイト
トラックバックURL
http://marihan.blog.fc2.com/tb.php/294-a3933335
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。