--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009
02.27

情熱をもって

Category: 未分類


Milano Classicaに

Enrico Onofriさんがゲスト指揮者として来られた。





彼の広く雄大な音楽、情熱、エネルギーに感激、圧倒されました。

かつ知的で、具体的、明確な指示と指揮。

そして演奏ごとに音楽が大きく変化するので、

ものすごく集中していないとついていけない。

(伸るか反るかのいずれか)



大きな大きな力を注がれるので、

普段より数倍の演奏力を引き出されて、

私のチェンバロにはお花が咲いたようでした。



こんなにも美しい楽器であったことを、改めて教えられて

このことも、本当に感謝でした。



自分の音楽がなまぬるくなっていたことにも気づかされました。

Milano Classicaでチェンバロを弾き始めて、6年目。

メンバー一人一人に対しても、

愛をもって接していなかった事に気づかされました。



『オーケストラのひとりひとりを愛しなさい、

ひとりひとりのために名前を挙げて祈りなさい。』



と今シーズンの初めに、神様に語られた言葉。



神様の御手のうちに、

私はこのオーケストラにも遣わされているのに、

このことをも通して主が私に音楽を続けさせてくださった

そのことを神様に感謝してきたけれど、

彼らひとりひとりのために

祈ってこなかった。



『情熱をもって、熱さをもって、隣人を愛しなさい。』と

今、語られています。





"Solo Deo gloria e musica donum Dei"

スポンサーサイト
トラックバックURL
http://marihan.blog.fc2.com/tb.php/302-fd970b6a
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。