--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010
08.17

日曜日

Category: 未分類






死ではなく命を 

のろいではなく祝福を 

滅びではなく救いを 

選びとります。

 

主にとどまることを選び取り

主が多くの実を結ばせてくださることを信じます。




礼拝の中、Yさんの祈りの言葉に心合わせる。



人間は神様の形に似せられて造られた。

神様の性質である「愛」が私達の中にもある。 

人間は、エデンの園で、神様との約束を破って

自分が神のようになりたくて、善悪の知識の実を食べた。

それが、人間の犯した初めての罪。



神様は私達人間に自由意思を与えてくださった。

意思ってやっかいなものだ、って思うことも時々ある。

人は、大きなことから小さなことまで、

1日に約3000件の選択をしながら生きているのだ、

と聞いたことがある。



一方、動物は、本能のまま一直線に生きている。



人間にも本能・欲・感情があるけど、

何を選び取るのか、意思が与えられている。

意思が与えられているのは、人間だけなんだ。

だから、葛藤する。



「愛は寛容であり、愛は親切です。

また人をねたみません。

愛は自慢せず、高慢になりません。

礼儀に反することをせず、自分の利益を求めず、

怒らず、人のした悪を思わず、

不正を喜ばずに真理を喜びます。

愛は決して絶えることがありません。」

第一コリントの手紙13章4-8節



聖書に書かれている、この「愛」を

妨げてしまうのが、罪。

聖書に書かれている罪(sin)とは利己的・自分中心のこと。

(法的に犯す罪は、英語でguilty)



私達が「愛」の性質へと回復するために、

私達のいのちのために

自ら十字架にかかられたイエス・キリスト。



私は、そのイエスを私の救い主と信じ、

主イエスにつながることを、今日も選びとります。



「わたしにとどまりなさい。

わたしも、あなたがたの中にとどまります。

枝がぶどうの木についていなければ、

枝だけでは実を結ぶことができません。

同様にあなたがたも、

わたしにとどまっていなければ、

実を結ぶことはできません。



わたしはぶどうの木で、あなたがたは枝です。

人がわたしにとどまり、

わたしもその人の中にとどまっているなら、

そういう人は多くの実を結びます。

わたしを離れては、あなたがたは

何もすることができないからです。」

ヨハネ15章4-5節









ハンちゃんは、本能一直線!

いつも、迷うことなく、まっしぐら。



スポンサーサイト
トラックバックURL
http://marihan.blog.fc2.com/tb.php/314-9f978283
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。