--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010
09.11

慰め Comfort

Category: 未分類






再び、スタート地点に立つ時には

いきごむことでもなく、力むことでもなく

自分の力でがんばることでもなく

まず、心が耕されること。

これこそが、大事なことなのだと気付かされた。



心の中に、硬くなっている部分

ヒビが割れている部分

傷ついている部分

病んでいる部分

癒され、回復される必要のある部分



そのような部分が必ずある。



そこが耕されないと、たっぷりと水も栄養も

深いところに吸収していけない。

豊かな実を実らせるには、すごく大切なことだと思った。



これから歩く道、走る道は長く

必ず、試練と苦難がある。

それを耐え抜く力というのは、

それまでに受けた『慰め』によるのだという。



慰めによって、耕され、柔らかくされ、

様々な試練・苦難を受け入れられられる器になり

導きに柔軟に対応していけることこそが

力なのだと。



そして人を慰めることができると聖書に書かれている。



今、この地点で、

心の深い部分に、神の慰めを受けたいと思う。

新しくスタートする、その前に。



神は、どのような苦しみのときにも、私たちを慰めてくださいます。

こうして、私たちも、自分自身が神から受ける慰めによって、

どのような苦しみの中にいる人をも慰めることができるのです。



それは、私たちにキリストの苦難があふれているように、

慰めもまたキリストによってあふれているからです。



もし私たちが苦しみに会うなら、

それはあなたがたの慰めと救いのためです。

もし私たちが慰めを受けるなら、

それもあなたがたの慰めのためで、その慰めは、

私たちが受けている苦難と同じ苦難に耐え抜く力を

あなたがたに与えるのです。

(Ⅱコリント1:4-6)



who comforts us in all our tribulation,

that we may be able to comfort those who are in any trouble,

with the comfort with which we ourselves are comforted by God.



For as the sufferings of Christ abound in us,

so our consolation also abounds through Christ.



Now if we are afflicted,

it is for your consolation and salvation,

which is effective for enduring the same sufferings

which we also suffer.

Or if we are comforted,

it is for your consolation and salvation.

(2 Corinthians 1:4-6)







はんちゃん、わたしにとって

君は慰めの子だよ♡










スポンサーサイト
トラックバックURL
http://marihan.blog.fc2.com/tb.php/324-1df7172f
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。