--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010
09.19

ヴェネツィア ≪モザイクの一片≫

Category: 未分類




日本から来られた大切なIさんご夫婦と一緒にヴェネツィアへ。







道路ならぬ水路を水上バス(ヴァポレット)で、

移動しながらヴェネツィア散策。







水の都に浮かぶゴンドラ。風情あるなぁ。







ヴェネツィアの中心にあるサンマルコ大聖堂。

内外装モザイクに覆われる大変有名な教会です。

(ただ今正面左部分、修復中)



さて、上部にのぼってモザイクへ近づいてみました。







なんて小さなカケラが、組み込まれているのでしょう。

キラキラと輝くガラス色、くすんだ色、

明るい色、暗い色、ゴールド、ビビッドな色。

たくさんの色の石が組み込まれています。



最近に聞いたお話が思い出されてきました。



『~私達は、モザイクに埋め込まれる

小さなワンピース(一片)のようなものです。

もし、バラバラに取外され散ってしまっているのなら、

それは、ただのカケラ、破片なのです。

モザイクの中に埋め込まれる時に隣の色と組み合わされ、

ハーモニーを生み出し、

またひとつひとつのピースは小さくても、

モザイク全体を見る時に、それは大きな美しい絵となり、

意味をもつのです。~』

(La Torre牧師)



そして、さらに聖書には、≪教会≫とは何なのか、

このように書いてあります。



教会はキリストのからだであり(エペソ1:23)

わたしたちはキリストのからだの部分(エペソ5:30)です。



『キリストによって、からだ全体は、

一つ一つの部分がその力量にふさわしく働く力により、

また、備えられたあらゆる結び目によって、しっかりと組み合わされ、

結び合わされ、成長して、愛のうちに建てられるのです。』

(エペソ人への手紙4章16節)



Under his control all the different parts of the body fit together,

and the whole body is held together by every joint

with which it is provided.

So when each separate part works as it should,

the whole body grows and builds itself up through love.

(Ephesians 4:16)








イエス・キリストの復活のモザイク

(サンマルコ大聖堂、正面外装)






スポンサーサイト
トラックバックURL
http://marihan.blog.fc2.com/tb.php/328-984b8732
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。