--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010
10.12

日曜の午後 賛美教会にて

Category: 未分類






私達の愛する賛美教会。

イタリアのChiesa Valdese という福音派の教会をおかりして

午後3時より、韓国人の方達と礼拝を捧げています。







只今工事中ですが、10月末には工事が終了し、

礼拝堂全てが新しくなります。



オルガンも修復中でしたが、新しくされ、

音を響かせはじめるでしょう!







今日は、日本語礼拝でした。

『福音』とはなにか。

と改めて、神様は語られました。





兄弟たち。私は今、あなたがたに福音を知らせましょう。

これは、私があなたがたに宣べ伝えたもので、

あなたがたが受け入れ、

また、それによって立っている福音です。

また、もしあなたがたがよく考えもしないで信じたのでないなら、

私の宣べ伝えたこの福音のことばをしっかりと保っていれば、

この福音によって救われるのです。

私があなたがたに最もたいせつなこととして伝えたのは、

私も受けたことであって、次のことです。

キリストは、聖書の示すとおりに、

私たちの罪のために死なれたこと、

また、葬られたこと、また、聖書の示すとおりに、

三日目によみがえられたこと、

また、ケパに現れ、それから十二弟子に現れたことです。

(コリントⅠ15:1-5)



Moreover, brethren,

I declare to you the gospel which I preached to you,

which also you received and in which you stand,

by which also you are saved,

if you hold fast that word

which I preached to you-unless you believed in vain.

For I delivered to you first of all that which I also received:

that Christ died for our sins according to the Scriptures,

and that He was buried,

and that He rose again the third day according to the Scriptures,

and that He was seen by Cephas, then by the twelve.

(ⅠCorinthians15:1-5)



『救い』というのは、

自分では自分を助けることができない時に

与えられる助けのこと。



たとえば、底なし沼では、沈み始めたら、

自分で自分をひきあげることができない。

引き上げるために、差し伸べられる手のことを『救い』という。



『福音』とは、

救いのこと。



『福音』とは、

死に向かっている人間に与えられた命のこと。



『福音』とは、

イエスキリストのこと。



クリスチャンとは、

与えられたイエスを受け入れた人のこと。



イエスを受け入れるというのは、

イエスのことばを受け入れる、信じること。



しかし、この方を受け入れた人々、

すなわち、その名を信じた人々には、

神の子どもとされる特権をお与えになった。

(ヨハネ1:12)



But as many as received Him,

to them He gave the right to become children of God,

to those who believe in His name: (John 1:12)



『福音』とは、

“あるがままの私”を受け入れ、

私達に命を与えるために十字架にかかられた、

イエスの無条件の愛のこと。



イエスキリストを受け入れたクリスチャンは

『福音』によって立って生きている。



そして、神の恵みによって、今の自分がある。

今の私がこうしているのは、自分の力ではなく、

神の恵みによってなのです、と心から言えるのは

本当に感謝なことだと心底思う。



ところが、神の恵みによって、私は今の私になりました。

そして、私に対するこの神の恵みは、むだにはならず、

私はほかのすべての使徒たちよりも多く働きました。

しかし、それは私ではなく、

私にある神の恵みです。

(コリントⅠ15:10)



But by the grace of God I am what I am,

and His grace toward me was not in vain;

but I labored more abundantly than they all,

yet not I, but the grace of God which was with me.

(ⅠCorinthians 15:10)



礼拝後は、おにぎり&お漬物&フルーツポンチパーティになり、

皆で美味しく頂きました。

作って下さった皆様、協力して下さった皆様に感謝!







教会の入り口




スポンサーサイト
トラックバックURL
http://marihan.blog.fc2.com/tb.php/335-ca1ae651
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。