--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010
12.27

真夜中のクリスマス・ミサ

Category: 未分類






イタリアでは、24日のクリスマス・イヴから

25日のクリスマスの日へかけての真夜中に

カトリック教会でミサが行われます。



このミサには、毎年たくさんの方が家族で来られ、

私がオルガン奏楽を担っている教会も

席に座れず、立って礼拝捧げる方もみられました。



イタリアは、プレゼピオ

(イエスキリスト降誕の場面をジオラマにしたもの)を

飾る習慣があり、

12月に入った頃から、各教会、各家庭で飾られ始めます。



でも、この真夜中のミサまでは、

赤ちゃんのイエスさまは置かれずに、

飼葉桶は、なんと【空】になっています。



この真夜中のミサのときに、

祭司が赤ちゃんのイエス様(お人形)を持って入場し、

飼葉桶にイエス様を置くところから、ミサが始まります。







この日は、白い衣を着た子供の奉仕者がいっぱいで

お香もたくさん焚きます。



イタリアでは、イエスキリストが、

赤ちゃんとしてこの世にやってきたことを、

このようにイメージとして、子供のころから見ることができ、

キリストの誕生日を心待ちにし、楽しみにして、

その日を喜んでいるのです。





上の写真はミサの後、イエス様が真ん中に

すでに置かれている様子。







なんと、ミサの最中に停電が起きて、

しばらくの間、真っ暗になってしまいました。



『このクリスマス、真夜中のミサで真っ暗な闇を体験したことは

とても素晴らしいことだと思います。

≪光≫がどんなになくてはならないものか、大切なものか、

少しでも私達はわかることができるのではないでしょうか。

イエスこそがまことの光なのですから。』



司祭のドン・アントニオ(Don Antonio)のことばが印象に残りました。







S.Ildefonso 教会のプレゼピオ














スポンサーサイト
トラックバックURL
http://marihan.blog.fc2.com/tb.php/364-ef36ba31
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。