--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010
12.27

クリスマスの日

Category: 未分類




スイスの教会で10時よりクリスマス礼拝。



韓国人のK君が、オルガンと共に一緒に

ヴァイオリン奏楽をして下さいました。

彼は、クレモナに住むヴァイオリン製作家。



『実は、昨日(クリスマス・イヴ)

完成したばかりのヴァイオリンなんです。

初めて鳴らす音を、クリスマス礼拝で神様に捧げられることが

本当に感謝です。』

と、行き道の車の中で話してくれた。



イエス様と同じ誕生日だね~♪と言ったら

彼も、ニッコリ。



彼は、学生時代に演奏家を目指し専門的に学んでいたけれど

人前で演奏することが怖くて、不向きと自分で思い

製作家になることを志望するようになったそうです。

でも、今はこのように楽しく、感謝を持って演奏できるのが

とても嬉しい、と語ってくれました。



この日に、一緒に音楽を捧げることができて、とても嬉しいです。

一緒に行ってくれてありがとう。感謝します。



礼拝の中、

La Torre牧師はこんなお話をして下さいました。




きょうダビデの町で、

あなたがたのために、救い主がお生まれになりました。

この方こそ主キリストです。

あなたがたは、

布にくるまって飼葉おけに寝ておられるみどりごを見つけます。

これが、あなたがたのためのしるしです。

すると、たちまち、その御使いといっしょに、

多くの天の軍勢が現れて、神を賛美して言った。

「いと高き所に、栄光が、神にあるように。

地の上に、平和が、御心にかなう人々にあるように。

(ルカの福音書2:11-14)




暗い闇の中、生まれる場所も充分与えられず家畜小屋で

小さな存在として生まれた幼子であるイエス・キリスト。



その時、天は栄光が満ちて、天使たちが賛美した。



この光と闇のコントラストに目をとめなさい。

また小さな存在が、大きな影響をなすものになる、

そのことに目をとめたいのです。



天の御国は、からし種のようなものです。

それを取って、畑に蒔くと、どんな種よりも小さいのですが、

生長すると、どの野菜よりも大きくなり、

空の鳥が来て、その枝に巣を作るほどの木になります。

(マタイの福音書13:31-32)



種というのは、蒔かれなければ、何も役にたたないものです。

あなたの心に、神から与えられる種を蒔きなさい。

御言葉の種を蒔きなさい。

種が蒔かれれば、それは芽を出し、成長して、実をつけます。



どんなに小さな種と思っても、心に蒔いたなら、

それは、あなたの小さな言葉となって、笑顔となって

愛が表わされていくでしょう。



もし種を手で持っているだけならば、握っているだけならば

何も変わらないのです。



悪魔があなたの心に蒔こうとする種を振り払いなさい。

その種は、不安・疑心・恐怖の種です。

その種を手にしたなら、心に蒔かずに、すぐに捨てなさい。

そうすれば、その種は芽を出すこともないのです。



2000年程前に、小さな存在、幼子として生まれたイエス。

33年間、この世で人として生き、私達の罪を購うため十字架上で死に

3日後に復活され、天に昇られたお方。

そして、2000年以上たった今も、

私達、人を通して語り続けられ、イエスの名を受けれる者を

死からいのちへと救われる、今も昔も生きておられる神。

この恵みは、広がり続けていく

枯れることのない、命の源。



午後&夜は我が家にて、ご飯をゆっくり食べて

≪獣医ドリトル≫を4話分見て、お菓子を食べて・・・

のんびりとお正月のようなひと時を過ごしました。

そんなクリスマスの日でした。





♡スイスの教会から頂いたお菓子の山プレゼント♡






スポンサーサイト
トラックバックURL
http://marihan.blog.fc2.com/tb.php/365-cdfae7af
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。