--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011
03.16

祈りの言葉2

Category: 未分類
今日のミラノは雨でした。

日本の被災地で寒さの中にある方々のことを

特に思い、祈りました。







詩篇46篇1-7節



神はわれらの避け所、また力。

苦しむとき、そこにある助け。



それゆえ、われらは恐れない。

たとい、地は変わり山々が海のまなかに移ろうとも。

たとい、その水が立ち騒ぎ、あわだっても、

その水かさが増して山々が揺れ動いても。 セラ



川がある。その流れは、いと高き方の聖なる住まい、

神の都を喜ばせる。

神はそのまなかにいまし、その都はゆるがない。

神は夜明け前にこれを助けられる。



国々は立ち騒ぎ、諸方の王国は揺らいだ。

神が御声を発せられると、地は溶けた。



万軍の【主】はわれらとともにおられる。

ヤコブの神はわれらのとりでである。 セラ







Psalm 46.1-7



God is our shelter and strength,

always ready to help in times of trouble.



So we will not be afraid, even if the earth is shaken

and mountains fall into the ocean depths;

even if the seas roar and rage,

and the hills are shaken by the violence.



There is a river that brings joy to the city of God,

to the sacred house of the Most High.

God is in that city, and it will never be destroyed;

at early dawn he will come to its aid.



Nations are terrified, kingdoms are shaken;

God thunders, and the earth dissolves.



The Lord Almighty is with us;

the God of Jacob is our refuge.







おひとりおひとりの上に、必要な助けが届きますように。



どのように祈ったらよいか、わからなくなった時、

この聖書の言葉を用いて、

どうぞ、あなたの言葉としてください。





スポンサーサイト
トラックバックURL
http://marihan.blog.fc2.com/tb.php/385-f8ec5d5c
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。