--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011
12.25

真夜中のミサ La Messa della Notte di Natale

Category: キリスト教




イタリアのカトリック教会では、

イエス・キリストが誕生された聖なる夜を記念し、

24日から25日への真夜中にミサが行われます。



イエス・キリストは家畜小屋の飼い葉おけのなかに生まれました。

教会には、祭壇の上に空の飼い葉おけがおかれていて

司祭入場のときに、白い衣をきた子供によって、

赤ん坊のイエス・キリストが運ばれてくるのです。







このS.il defonso(サン・イルデフォンソ)教会は、

2001年、私がオルガンを弾き始めたころに不思議な導きで出会い、

それ以来、オルガン奉仕をさせていただいている教会です。



年を経るにつれて、私自身の優先順位、環境や様々な変化のなか

サン・イルデフォンソ教会に弾きにくることが、

かなり減ってきたのにもかかわらず

それを、ちゃんと理解して受け入れてくださり、

イエス・キリストを主とする信仰を共にもって、

オルガン奉仕をさせていただけることが感謝です。



聖歌隊があり、週に2回練習を続けていて、

よき指導者も与えられどんどん上手になっています。

そしてレパートリーも深められて

古い音楽もとりいれられるようになりました。

以下は、真夜中のミサで歌われたものです。







Puer Natus in Bethlehem

(みどりごはベツレヘムに生まれました)

Grazie al Signore e a tutti !

Auguri!!



スポンサーサイト
トラックバックURL
http://marihan.blog.fc2.com/tb.php/429-a11decbf
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。