--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012
01.31

コンサート・フェッラーラにて Il concerto a Ferrara

Category: 音楽




ファビオ・ボニッツォーニ率いる≪ラ・リソナンツァ≫による

コレッリのコンチェルト・グロッソ(合奏協奏曲)

このフェッラーラ公演で3回目、一区切りとなります。



度重ねて一緒に演奏していけることは、素晴らしいことと思います。

一緒に演奏する者たちも心知れるようになり

そして、再び演奏するたびに、さらに深く音が心に染み入るようになり

緩やかな流れの中、深さ、高さの中、気持ちの集まる部分部分に、

様々な美しい変化が生まれて、楽しく音が飛び交います。



今日は≪ラ・リソナンツァ≫のリハーサル風景などをご紹介。

















リハーサル中、こんなにいっぱい写真が撮れたのは、

空調の関係で、チェンバロとオルガンの音が微妙にあっておらず、

私は音をほとんど出せず仕舞いで。

こういう時は、芝居するように弾く真似をするしかないね~・・・

と皆で笑っていましたが、

いっそのこと!!!!と思い、記念写真をパシャパシャと

撮らせていただいたのでありました。

(本番はちゃんと音出して弾きました。^^)



調子に乗って、再びパシャリ。

こちらは本番前舞台裏記念写真。





2000年渡伊した時に出会い、師事させて頂いたファビオ・ボニッツォーニ氏と





いつも通奏低音をファビオと支えるカテリーナ(左)とクラウディア

ちなみに、私の着ているドレスは、M.Mさんが

「ぜひ、コンサートの時に着てね。」と言って下さったもので、

この二人の美人チェリストにとっても評判でした!




  

     お茶目なダビデ    気の優しいガブリエレ   学生時よく助けてくれたキアーラ



フェッラーラの会場は、とても素敵なテアトロで、

オーケストラの音が美しく響きわたりました。



このコレッリプログラム、来年の秋に再演のお話しも来ているとのこと。

また、そんな機会にも期待しつつ・・・

幕は閉じていくのでありました。



この経験を与えてくださった神様と≪ラ・リソナンツァ≫、

理解して応援して下さった方々に心から感謝いたします。




スポンサーサイト
トラックバックURL
http://marihan.blog.fc2.com/tb.php/435-ac0ad28f
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。