--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012
02.12

日本語礼拝 Il culto in giapponese

Category: キリスト教






ミラノ賛美教会の第2日曜日は、毎月、日本語礼拝です。



私達の教会は韓国人の皆さんと一緒に礼拝を捧げています。

他の日曜日は基本的に韓国語礼拝で、日本語とイタリア語に

同時通訳されているのです。



韓国人の皆さんの熱~い祈り、賛美、愛!に

私達はどれほど励まされてきたことでしょう。



ミラノ賛美教会の〈ひとこまひとこま〉を今日はご紹介いたします。







こちらは、礼拝前の≪聖歌隊≫(練習中)

イタリアで専門的に歌を学んでいる方が多く、

ソリストの力量を持つ方々です。

熱心に礼拝賛美のために練習を重ねています。







こちらは、礼拝の始まりにワーシップをリードする≪賛美隊≫

会衆の心が神様を見上げ、神様を賛美していくために、

大切な役割を担っています。

彼らも、いつも練習を重ね、日本語の賛美もリードして下さっています。







≪礼拝中の聖歌隊賛美≫

まるで天上の天使たちの賛美のように、美しく、

聴いていると慰めと恵みに、こころ満たされていきます。







≪特別賛美≫

この日は、ヴィチェンツァから通ってこられる

素敵な若い歌い手さんご夫婦が賛美してくださいました。







≪内村牧師によるメッセージ≫

横に一緒にいて下さるTさんによって、韓国語へ通訳されていきます。

この御言葉の取り次ぎは、二人の共同作業です。



この日は、使徒の働き:9章31節より 

「教会における励ましの役割」が語られました。



「慰めの子」というあだ名の使徒バルナバに目を留めて、

そんな人へと変えられてゆくことを願わされました。



そんな人・・・の特徴5つというのは

①寛大な心を持つ人

②自ら進んで人と人を繋げ、新たな人を仲間にいれていく役割をする人。

③肯定的、人の良い所を見る人

④人の成功を喜ぶ人

(本人は、人に役割を与え次第に目立たなくなっていく)

⑤人の弱さをあきらめない人。







そして≪第2の特別賛美≫

聖歌隊のときは、天使のように清らかな声の歌い手たち。

特別賛美の場に、ひとりで立たれるときは、

皆、ご自身の信仰告白をされるように

主への思いを切々と歌いあげます。



私達の教会は、賛美教会という名前のとおり、

賛美溢れる教会です。



皆で一緒に祈り、御言葉を聞き、賛美する。

シンプルな礼拝です。

毎週日曜日がコンサートみたい・・・な礼拝でもあります。

普通のコンサートとちがうのは、

全ての音楽が神様を指し示し、

神様にむかって捧げられているところです。







この日の礼拝後には・・・・

≪パイ・ビュッフェ≫が催されました!

日本語グループの皆さん、それぞれが準備されたお好みパイ。

見た目も美しく、美味しく・・・

礼拝後のおしゃべりもはずみ楽しい時でもありました。



次回の日本語礼拝は3月11日です。



去年の震災から、ちょうど1年が経ちます。

被災地の痛みを覚えて、その癒しと回復を願い、

困難のときにも、希望を与えて下さる神様を信じ、

集われる方達と共に祈り、礼拝を捧げる時としたいと願っています。



どうぞ、どなたもおいでください!!



ミラノ賛美教会

http://www.mission-i.net/










スポンサーサイト
トラックバックURL
http://marihan.blog.fc2.com/tb.php/437-1d0787ce
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。