--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012
02.16

贈りもの Il regalo

Category: 聖書と音楽




聖書はB.C 1400年頃からA.D 90年頃の間、

約1500年かけて書かれた書物です。



始めのころは、紙などありませんでしたから、

粘土や石、板などに書き残され、

そしてパピルスなどに書かれるようになりました。



今は1冊の本となっていますが、もともとは

旧約聖書(イエスキリストが生まれる前)39巻、

新約聖書(イエスキリストが生まれた後)27巻の

合わせて66巻の巻物なのでありました。



聖書の中には、歴史書あり、律法書あり、預言書あり、

お手紙あり・・・!このように盛りだくさんです。



それだけでなく<詩>も書き残されています。



≪詩篇≫には150編の詩が束のように集められていて

多くの作曲家達が、これらの詩に音楽をつけています。



≪詩篇≫に書かれている詩は、

歌、弦楽器に合わせて、フルートに合わせて、立琴に合わせて、、、

などなど楽器が記されていたりするものも多く

もともと歌われていたものと言われています。



でも、どのように歌われていたのかは、今は誰にもわからないのです。



そんなこともあってなのか

多くの作曲家達が、この詩篇に思いを寄せ、調べを与えています。

ジョスカン・デプレ、パレストリーナ、モンテヴェルディ

シュッツ、モーツァルト、メンデルスゾーン、リスト・・・・

などなど、などなど。



それらの詩には

喜び、悲しみ、恐れ、失望、落胆、迷い、疑い、、、

といった人間の様々な感情の波や

神様を仰ぐ祈り、信頼する告白や、

感謝、賛美などが織り込まれています。



たくさんの人々、また音楽家たちに愛されてきたこの詩篇。



わたしも、この年、2012年にもっと知りたいなぁ、、、

この美しい詩を、私の心に住まわせてゆきたいなぁ、、、

口ずさんでゆきたいなぁ、、と思う今日この頃です。







こちらの本、詩篇150編、すべてが口ずさめるよう、

メロディがつけられている讃美歌集です。

1冊は、ある旅人の方から、1冊は、夫からの贈りもの。



この詩篇歌は、1500年代半ばに、フランスのストラスブールで

カルヴァンによって作られた歌集が始まりとなり、

次第に会衆讃美に用いられるようになり

ゆくゆく150の詩篇すべてが歌われるようになりました。



このように、日本語でみことばそのものを口ずさみ、

味わい、歌えるような楽譜を近頃に入手できて、

とても大切に思っています。







そして去年のクリスマスに、ミラノ賛美教会から

楽譜屋さん商品券の贈りものをいただきました。



どの楽譜を選ぼう・・・とずっと考えていたのですが、

決まりました!



バッハのオルガン曲集6巻。

この中には、トッカータとフーガ集もあり

あの有名なニ短調のトッカータとフーガも入っています。

今年は、この曲を弾いてみたいな、、、と。



賛美教会の皆さま、この楽譜の贈り物をありがとう。

ちょっとずつですが、、、練習します!







こちらの聖書は、私が洗礼を受けて初めて買ったMy first bible

装丁は、私に洗礼を授けて下さったマクミラン・デロー師によるもの




聖書は神様からのラブレター。

神様から人間への贈りもの。




スポンサーサイト
トラックバックURL
http://marihan.blog.fc2.com/tb.php/438-44a92be1
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。