2013
09.06

2013 日本の夏

Category: 暮らし
>



2か月の日本滞在でした。

母国、日本を発つときは、

いつも言葉にならない思いに胸をつまらせます。



夫の健康チェック・療養が今回の帰国へのきっかけとなり

夫婦で教会の働きを始めて

ちょうど10年となるこの年に頂いた大きな休暇でした。

たくさんの方々のお祈りと愛をもって、

この期間も守られ、支えられました。

本当にありがとうございます。



『結び直すこと』



私にとって、今回のテーマとなりました。

このことに取り掛かるには、すこし勇気が必要でした。

この10年、もしくはもっと長い期間のうちに、

切ってしまった、切れてしまった関係の結び直し。



時間を遡り、幼いころの自分から若かりし日々、

それなりに経験を重ねたように思える時期、

自分を見つめてみると、出てくるでてくる、

自分のしでかした失礼なこと、

思い出したくないような恥ずかしいことが、

たくさん、たくさん、、、。



蓋を閉めてしまっていた自分との結び直し。

夫婦の結び直し。

家族との結び直し。

友人との結び直し。

お世話になった方たち、

一緒に時を共有した人たち、一緒に音楽を奏でた人たち、

教会に導いてくれた人たちとの結び直し。

神様との関係の結び直し。



今まで生きてきた中で、

たくさんの出会いが与えられてきたんだなぁ・・・

ということを思い起こし、

自分の狭さや冷たさ、浅さや愚かさで

その恵みを無駄にしてはいけないのだ、

無かった事にしてはならないのだ、

ということを心に刻みました。



たくさんの再会がありました。新たな出会いもありました。

それは、とても愛しく尊く、感謝な時でした。



『結び直すこと』

ついつい自ら作ってしまう壁、

自分を守ろうとする自分の弱さと戦いつつ、

私の中で、ようやく取り掛かりはじめたこと。

私の苦手なこと。

でも、これから続けること。



『再び結びつける、結び直す』ことを

ラテン語で〈Religio〉 と言い、イタリア語では〈Religione〉、

英語では〈Religion〉、

そして日本語では、〈宗教〉と訳されたのだそう。



なにをもって、私は、結び直すことができるのか。

何に信頼して、何を通して、取り掛かれるのだろう。



心に働きかけ、促されるお方、神の御霊(聖霊)に気づかされ

イエス・キリストを通して、父なる神に願い、

すこしばかりの勇気をもって臨むときに

離れていた関係・傷ついていた関係の回復と癒しが、

時を超えても始まってゆき、

その再び結び始められたものは、

この先、益として変えられ始めてゆく。



そんなふうに私は信じて、

神様と、今までに出会った皆さんと

『結び直すこと』を続けていきたいな。



まだまだ、取り掛かり始めたばかり。

こんな者ですが、どうぞよろしくお願いします。






スポンサーサイト
トラックバックURL
http://marihan.blog.fc2.com/tb.php/447-0dcab8ba
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top