--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014
02.26

エンカレム “マニフィカト”の地

Category: 聖書と音楽
ユダの山地
2014年2月7日 ユダの山地 エンカレムへ 「マニフィカト(マリアの賛歌)」の地。
 
ナザレで天使ガブリエルより受胎告知を受けたマリアは、急いでユダの山地にある叔母エリザベツの町に向かいました。このような山道をラクダ(ロバかな)に乗って旅したのかな。当時マリアは13歳~15歳だったとのこと。ナザレから歩いたら4日間ほどかかる旅。一人ではなかったはず。きっとお連れの人がいたのだという。ともあれ、道中、きっと様々な思いを巡らせたんだろうな。。。(ルカ1:39)

エンカレム

マリアがこの町エンカレムに到着すると、なんと不妊だったエリサベツも身ごもっていました。
マリアの挨拶の声を聞くと、その子(後の洗礼者ヨハネ)は胎内でおどりエリサベツは聖霊に満たされました。(ルカ1:40-41)

magnificato.jpg

エリサベツはマリアに主の祝福を伝え、マリアは昔から伝えられてきた預言が自分の身に起こったことを悟り、ここで神を恐れかしこみ喜びに心震わせ賛美をささげました。
それが、マニフィカト(マリアの賛歌)、小さき者に目を留め用いられる神をほめたたえる歌です。たくさんの音楽家がこの「マニフィカト」の歌を作曲しています。バッハもモンテヴェルディも、、、オルガン曲もたくさん。46か国語でそのマニフィカトが刻まれています。(日本語は上の写真)(ルカ1:46-55“マニフィカト/マリアの賛歌”)

「わがたましいは主をあがめ、わが霊は、わが救い主なる神を喜びたたえます。
主はこの卑しいはしために目を留めてくださったからです。
ほんとうに、これから後、どの時代の人々も、私をしあわせ者と思うでしょう。

力ある方が、私に大きなことをしてくださいました。
その御名は聖く、そのあわれみは、主を恐れかしこむ者に、代々にわたって及びます。
主は、御腕をもって力強いわざをなし、心の思いの高ぶっている者を追い散らし 権力ある者を王位から引き降ろされます。低い者を高く引き上げ、飢えた者を良いもので満ち足らせ、富む者を何も持たせないで追い返されました。

主はそのあわれみをいつまでも忘れないで、そのしもべイスラエルをお助けになりました。
私たちの先祖たち、アブラハムとその子孫に語られたとおりです。」(ルカ1:46-55)


エンカレム1

心に刻む「マニフィカト」の地に来れたのは私にとって記念すべきことで、涙が溢れました。
〝アブラハム、イサク、ヤコブの神様、わが主イエス様を通してこの地に来ました。
心から感謝し主をあがめます!″
スポンサーサイト

トラックバックURL
http://marihan.blog.fc2.com/tb.php/452-47df5f96
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。