--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014
03.22

山上の垂訓の丘

Category: イスラエル
山上の垂訓

2月10日 山上の垂訓の丘へ

このあたりでイエスキリストは群衆に8つの幸い(山上の垂訓)について語ったと伝承されている。

ガリラヤ湖が望めるこの丘はすり鉢状になっていて、とっても音が響く地形になっているとのこと。
ある時、ガリラヤ湖上で漁師が話している声が、この丘まで響いて聞こえたこともあると言う。
(すり鉢型ホールのような効果!)
おそらくイエスは下方から上方に向かって語られ、声が群衆に響きわたって皆の耳に届いた。

山上の垂訓絵

マタイ5:1-16
この群衆を見て、イエスは山に登り、おすわりになると、弟子たちがみもとに来た。
そこで、イエスは口を開き、彼らに教えて、言われた。
「心の貧しい者は幸いです。天の御国はその人のものだからです。
悲しむ者は幸いです。その人は慰められるからです。
柔和な者は幸いです。その人は地を相続するからです。
義に飢え渇いている者は幸いです。その人は満ち足りるからです。
あわれみ深い者は幸いです。その人はあわれみを受けるからです。
心のきよい者は幸いです。その人は神を見るからです。
平和をつくる者は幸いです。その人は神の子どもと呼ばれるからです。
義のために迫害されている者は幸いです。天の御国はその人のものだからです。
わたしのために、ののしられたり、迫害されたり、また、ありもしないことで悪口雑言を言われたりするとき、あなたがたは幸いです。
喜びなさい。喜びおどりなさい。天においてあなたがたの報いは大きいのだから。あなたがたより前に来た預言者たちも、そのように迫害されました。

山上の垂訓教会

1936年にイタリア人が建てた教会。(フランチェスコ会が管理)
8角形の教会。それは【8つの幸い】をあらわすため8角形に建てられたとのこと。
ムッソリーニ時代にした一つのよいこと、、と言われているそうな。
スポンサーサイト

トラックバックURL
http://marihan.blog.fc2.com/tb.php/465-edbcfe07
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。