--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014
05.14

エルサレム

Category: イスラエル
エルサレム

2月12日
エルサレムへ

イスラエル旅行も終わりに近づき、エルサレムにいよいよ入城する日。
エルサレム、ヴィア・ドロローサ(イエスキリストが十字架にむかって歩いた道)については受難週に書きました。今はその他、印象に残っているところを忘れないように書きとめようと思います。


黄金門

これは黄金門といって、いつの日かイエスキリストが再臨しエルサレムにこの門から入城すると言われている門。(オスマントルコにより、現在、門は閉ざされている)

白い墓

一番上の写真にも写っているけれど、黄金門の手前には、かなり広い敷地の墓地がありました。

それはイエスキリストが再臨される日にここからすぐに復活できるように、、、という備えなのだそうです。そして、ユダヤ人の中で(またイスラム人も)黄金門のすぐ前にお墓を持てることはよい地位を持っている人なのだそう、、、。

心に迫るのは、聖書のこの箇所。

〈マタイ23:27-28〉
忌わしいものだ。偽善の律法学者、パリサイ人たち。あなたがたは白く塗った墓のようなものです。墓はその外側は美しく見えても、内側は、死人の骨や、あらゆる汚れたものがいっぱいなように、
あなたがたも、外側は人に正しいと見えても、内側は偽善と不法でいっぱいです。


イエス様は、これらの白い墓を指しながら、このように語られていた。。。
イエスキリストは、心の中を見られる方。外側をどんなに取り繕ってみせても、心の内側、本心はどうなのか?と問われる思いです。

時代遺跡

エルサレムは崩壊を繰り返しているので、遺跡が地下にそのまま埋まっている。崩壊した街そのままの上に再建してきたので、町の中を掘っていくと、この写真のように遺跡が段となって出てくる。

嘆きの壁2

西壁、嘆きの壁。
ヘロデ王が建設した神殿を支える石壁の西側の部分。至聖所に最も近い場所でユダヤ人にとっての聖所となっている。ユダヤ人の方々が壁にむかって祈られています。

嘆きの壁

今回、神殿の丘に登ることができなかった。ここが一番ちかい場所でした。
登ってみたかったな。これは次回の宿題。
当時の神殿の丘の至聖所は、アブラハムの時代、アブラハムが神にイサクを捧げた場所と同じなのだと聞いて、心になにか柱が建つような思いでした。
そして、今の時代の神殿、聖霊の宮は、私達の心に建てられていることも心に刻みます。

エルサレム模型

イエスキリスト時代のエルサレム城内の模型。(といってもそれなりの大きさがあります)
当時の全景をみることができたのも、心に残っています。




スポンサーサイト

トラックバックURL
http://marihan.blog.fc2.com/tb.php/478-996cbed8
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。